日本のサッカーが最も盛り上がる時期がやってきた。Jリーグはもとより、なでしこリーグでも、エキサイティングシリーズが始まり、優勝、降格などそれぞれが価値のある勝利を求めてしのぎを削っている。そんな中、なでしこリーグ2部で首位を走るAC長野パルセイロ・レディースが初優勝に王手をかけた。

 シーズン当初から勢いよく白星を重ねてきたAC長野。順風満帆な独走で、ここまでの道のりを駆け抜けたように見えるが、決してそうではない。2部はトップリーグと異なり、第3クールまで区切りなく戦いが続く。AC長野は第1クールを8勝1分けで終えると、続く第2クールでは9戦全勝という驚異的な数字をたたき出した。

 率いるのは、1部リーグの湯郷ベルを作り上げた本田美登里監督だ。2013年からAC長野で指揮をとって3シーズン目。昨年、今やエースとしてチームを牽引するFW横山久美を獲得し、一気に1部リーグ昇格が現実味を帯びた。今年もその横山が大爆発。第25節を終えて、ここまで31ゴールを挙げ、2部では断トツのトップスコアラーである。

 順調に走り続けてきたAC長野が苦境に立たされたのは第3クールから。それまで好調を支えていたのは、今オフに浦和レッズレディースから獲得したDF坂本理保、MF齊藤あかねの存在だった。守備の軸として安定をもたらしていた坂本、積極的な攻撃参加がウリの齊藤は、トップの横山までの中央軸を形成していた。ところが、このふたりがケガで長期離脱を余儀なくされたのである。

 攻守のキーマンをもがれた影響は第3クールの頭から表れた。まず、スフィーダ世田谷FCに競り負けて初黒星を喫し、暗雲の端緒が見え始めた。続いてホームで迎えた2位ノジマステラ神奈川相模原との直接対決を制し、ホッとしたのも束の間、その翌節、3位の日体大FIELDSに0−7と惨敗してしまった。

 乱高下を繰り返すチーム状態。守備は持ちこたえることができず、攻撃では組み立てることができない。特に7失点のショックは隠せなかった。この試合では頼みの綱である横山が右足首の故障を押して出場していた。最後までピッチには立っていたものの、踏ん張りのきかない右足では、シュートはもちろんプレスも十分にかけることができない。屈辱の大敗だった。

 危機感がピークに達したこの大敗から2週間、本田監督は最終ラインのポジションを懸命にこねくり回していた。このメンバーで最良のバランスを見出さなくてはならない。崩れかけたメンタルを抱える選手たちを見て、本田監督はサブメンバーのモチベーションケアにも力を注ぐ。

「キミたちが踏ん張らなければチームは崩壊するよ」

 その足はリハビリルームにも向けられた。今、チームがバラバラになれば、悲願である初優勝がその手から滑り落ちてしまいかねない。指揮官はゲームの中でもその想いを形にして示した。わずかな時間でも、ベンチを支える経験ある選手を起用した。

 再浮上のきっかけは、ノジマステラから異例の移籍を果たした大宮玲央奈だった。9月1日に加入した大宮がボランチとしてフィットし始めたことで、攻守に厚みが出てきた。復調したAC長野は第23節、24節を連勝。こうして10月17日に、優勝に王手をかけるJAPANサッカーカレッジレディース(JSCL)との戦いに臨んだのだった。

 浅間おろしが吹く中キックオフを迎えた第25節。開始2分でCKから大宮がゴール。AC長野の先制で幕を開けた試合は、その後2ゴールを重ね、3−1で勝利をおさめた。

 しかし本田監督は、「(ケガ人続出の中)自分の考えている内容(戦い方)を変えてでも、とにかく結果にこだわるというところを最低限達成することができただけで、中身に関してはストレスのたまる試合だった」と振り返る。

 AC長野の攻撃力に備えたJSCLは守備的な戦術を取り、特にゴールゲッターとなる横山に関しては終始厳しいマークを徹底させた。スペースを消された横山に、真骨頂であるターンからのドリブル突破を披露する隙間は一切与えられなかった。横山は完全に消されてしまったのである。

 横山に対するマークは次節も続くだろう。それでも、苦しい状況下であればあるほど、そこをこじ開けるのがエース。90分の中で必ず露呈してしまうメンタルに伴うプレーのムラは、横山が克服しなければならない課題のひとつだ。

 弱冠22歳。本来であれば結果を出せばそれでいい世代だが、横山にはあえてこの高い意識を求めたい。今年に入ってなでしこジャパンにも招集されるようになり、最高峰でプレーするチャンスを得てきた。今は切り札としてのポジションを奪えるかというところにまで来ている。

「自分がなでしこジャパンで活躍することで長野のことを知ってもらいたい」

 代表の場で、横山はこう口にした。それだけの責任感が彼女には備わってきている。だからこそ、彼女にはもう一段も二段も上へと上がってもらいたい。彼女がこれから対峙する相手は"世界レベル"なのだ。

「来季1部リーグに昇格するようなチームの内容ではなかった。マークが厳しかろうと、それをはがせるくらいでないと上に行けない」――17日の試合内容を最も歯がゆく感じているのは本人であることは間違いない。それをどうプレーに落とし込めるか。エースの力が試されるのが、優勝をかけた次節の戦いだ。

 今シーズンのAC長野は、新しく生まれ変わった南長野運動公園総合球技場に1試合平均1300人を超える集客を誇っている。今週末の試合では、おそらくこれを上回る観客が集まるだろう。ホームで初優勝という最高のプレゼントを贈ることができるか。勝負の時が迫る。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko