Ingress開発のNiantic、Pokémon GOなどの開発に任天堂、ポケモン、Googleから最大3000万ドルを調達

写真拡大

スマートフォン向け位置情報ゲーム「Ingress」の開発・運営を手掛けるNiantic(ナイアンティック)は、株式会社ポケモンとその米国子会社The Pokémon Company International(ポケモングループ)、任天堂、Googleから、資金調達したことを発表しました。初回投資は2000万ドル、ある程度成果物が達成されれば1000万ドルの追加投資を行なう予定です。Nianticは2015年8月にGoogleから独立した会社で、位置情報を活用した陣取りゲームIngressの開発や運営などを行なっています。また、9月には任天堂と株式会社ポケモンとともに、2016年サービス開始予定のIngressをベースにしたAndroid/iOS用ゲーム「Pokémon GO」を開発することを発表しています。

今回の資金調達により、Pokémon GOの開発やIngressコミュニティへの支援、プラットフォームの拡充、新ゲームの市場投入に活用するとしています。

株式会社ポケモンの代表取締役社長 石原恒和氏は今回の発表に際し、「ポケモン社のNianticへの戦略的投資により、世界が今までに見たことのないソーシャル・モバイル・エクスペリエンスを提供できるようになります。株式会社ポケモンは、コミュニティやイノベーションに対して同じスピリットを共有するNianticのような会社とのパートナーシップを強力に進めてまいります」とコメントしています。