提供:リアルライブ

写真拡大

 落合博満GMが早々に密着した今永昇太(左投左打/駒大)か、それとも、地元の雄・高橋純平(右投右打/県岐阜商)か…。
 今年は長くチームを支えてきたベテランが多く引退した。まさにチームの転換期であり、ドラフト戦略は本当に重要になる。ピンポイントで即戦力を補強するのか、それとも、将来、チームの顔になるような素質を持った高校生を獲って育てるのか、この二択になるだろう。先発ローテーション入りできる即戦力投手は欲しい。今季は救援陣の防御率も良くなかった。そう考えると、リリーフタイプの投手も補充しておきたい。先発タイプは『即戦力』にこだわるのなら、落合GMが推している大学ナンバー1左腕・今永昇太、富士大・多和田真三郎(右投右打)、帝京大・西村天裕(右投右打)だろう。『チームの顔』ならば、高橋純平ということになるだろう。

 「営業サイドも地元出身の高橋を指名してほしいと思っている。この結論はドラフト当日まで持ち越されるでしょう。高橋、今永のどちらで行くにしても重複は避けられない。『外れ1位』で小松貴志(右投右打/創価大)、左投手ならば、4年生になって評価を落としたが、上原健太(左投左打/明大)、左投手にこだわるのなら、唐仁原志貴(左投左打/福岡大)かもしれない」(ライバル球団職員)
 唐仁原は中央ではまだ名前が広まっていないが、「スピード左腕」として小林高校時代(宮崎)から一目置かれていた。九州沖縄地区担当スカウトの間では、昨年ドラゴンズに2位指名された左腕・浜田智博(九州産業大)よりも評価が高く、「ストレートが速いだけではなく、手元でさらに伸びる」という。また、日本文理大の田中豊樹(右投右打)は重量感のあるストレートが武器で、「昨年1位の野村亮介に似ている」との声も聞かれた。昨季、野村を押したのも落合GMだった。落合GM好みの投手ではないだろうか。唐仁原、田中ともに大きなタイトルは獲っていないが、中日は熱視線を送り続けてきた。

 また、ポスト谷繁(正捕手)も緊急補強しなければならない。過去2年、大学生捕手を獲得してきたので、今年も大学生捕手を指名するのは考えにくい。また、過去の指名捕手と年齢の近い社会人捕手を獲るのも『育成面でのリスク』をともなう。
 「中日が捕手を獲るとしたら、静岡高の捕手・堀内謙伍ではないか。地元中京地区の出身だし…」(前出・同)
 しかし、一方でトヨタ自動車の木下拓哉(24=右投右打)を狙っているとの声も消えていない。落合GMが昨年ドラフトで高校生の指名を見送ったのはあくまでも即戦力にこだわったからであり、育成期間の長い高校生を嫌ったからではない。近年、高校生でも一年目から一軍に昇格する野手も珍しくなくなっただけに、一定の評価基準をクリアしていれば、高校生で指名するはずだ。
 「守備力重視で内野手を補強するのなら、國學院大学の柴田竜拓(右投左打)。こちらも他球団がマークしているので本当に欲しいのなら、即戦力投手の指名を一人諦めて指名順位を上げるしかない」(関係者)

 しかし、関西にも堅守のスピードプレーヤーがいる。吉持亮汰内野手(右投右打/大商大)だ。広陵高時代(広島)は三塁を守っていたが、進学後は遊撃手として定位置を奪った。大商大には1位指名候補の右腕・岡田明丈もいる。中日スカウトもこの岡田を見続けてきたが、「本当は吉持を見ていた」(同)との情報もあるだけに、本命は柴田ではなかったのかもしれない。
 1位入札は高橋か、今永か。その結論はまだ出ていないが、今年の中日は地方大学の好投手や捕手、内野手を例年以上に厳しくチェックしてきたようだ。