「犯人が分かっているからこその、見ている人だけが知っているハラハラ感がとても面白いと思います」(猪熊有貴/木村文乃)

松坂桃李のゴールデンプライム枠初主演作


10月20日スタートのドラマ「サイレーン」(関西テレビ・フジテレビ系、毎週火曜夜10時)。主人公の警視庁機動捜査隊員・里見偲(さとみしのぶ)役を演じるのは、松坂桃李。ドラマ主演は4年ぶり、民放ゴールデンプライム枠の連続ドラマでは初主演となる。里美の相棒で、実は恋人でもある猪熊夕貴役には、木村文乃。次々に起こる猟奇殺人の現場に姿を現す、謎の美女・橘カラを菜々緒が演じる。


原作は山崎紗也夏の人気コミック


原作は『モーニング』(講談社)で連載されていた山崎紗也夏の同名漫画


コミックス1巻の巻末マンガ「サイレーン通信」によると、“サラサラヘアーの美女で悪魔”が描きたいという思いから生まれた作品だという。タイトルは、ギリシャ神話に登場する海の怪物「セイレーン」にヒントを得た造語。美しい歌声で船乗りを惑わし、遭難させる魔物よろしく、橘カラが会う人、会う人の運命を狂わせていく。原作から今回のドラマの見どころを探ってみたい。


ライバルで恋人という、バディもの


里美と猪熊は、警視庁機動捜査隊に所属し、事件の初動捜査を手がける。恋人関係だとバレると異動になってしまうため、職場にはふたりの関係を秘密にしているという設定。殺人現場で出会った、謎めいた美女が、猪熊に興味を示し、近づいてくるところから物語は始まる。


これまで刑事のバディものは男同士、あるいは事件解決を通して恋心が芽生えていくというストーリー展開が多かったが、本作では最初から恋人。猪熊は大雑把な性格で、橘カラが見せる悪意の影に気付かない。一方、里美はいち早く不穏な気配を察知し、危険から猪熊を守ろうとする。


恋人同士であることをバラしたくない里美&猪熊と、悪事をバラしたくない橘カラ。ウソと秘密が重なりあう緊張感や、バレそうでバレないハラハラ感も見どころのひとつになりそう。

菜々緒演じる、史上最凶の悪女VSけなげな年下男子


悪女役がすっかり定着しつつある菜々緒が今回演じるのは、顔色ひとつ変えずに次々と人を殺していくという、絶世の美女・カラ。なぜ殺すのか、なぜ猪熊に執着するのか、動機がわからない分、恐ろしさが増す。


原作の里見は、カラの美貌にピンと来ていない。かなり印象的な美女として描かれているにも関わらず、”どんな顔だっけ……”と記憶も曖昧な始末。里見の興味の矛先はひたすら猪熊のことばかり。無防備にカラと親しくなっていく猪熊をひたすら心配している。


カラが務めるキャバクラに足を運ぶのも、猪熊が心配だからという理由。親に挨拶に行けないなど、ちょっと頼りないところはあるが、それを補って余りあるけなげ男子ぶりもお楽しみのひとつだ。


また、本作では、松阪&木村のアクションシーンもふんだんに盛り込まれているという。木村演じる猪熊は柔道が得意で、不審者や容疑者を片っ端から投げまくる。一方、松坂演じる里見は元機動隊で体力自慢という設定。劇中ではフランス発祥のエクストリームスポーツ「パルクール」にも挑戦する。サスペンス×ラブ×アクションと要素盛りだくさんの本作。菜々緒の冷徹悪女ぶりにも期待したい。


(島影真奈美)