トッテナムFWシャドリが足首負傷で約4週間の離脱

写真拡大

▽トッテナムに所属するベルギー代表FWナセル・シャドリが負傷により約4週間離脱するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽シャドリは17日に行われたリバプール戦に出場。しかし、前半早々に相手選手との衝突により負傷し、11分にカメルーン代表MFクリントン・ヌジエと交代していた。

▽試合後の記者会見で、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は「多分、足首の靭帯を負傷しただろう。大きな問題にならないことを望む」とコメントしていたものの、日曜日の検査の結果、シャドリは少なくとも4週間は離脱することになるとのことだ。

▽今後トッテナムは、ボーンマス、アストン・ビラとの試合を終えると11月8日にはアーセナルとのノースロンドン・ダービーが控えているが、シャドリの復帰はその翌週のウェストハム戦になると見られている。