バルセロナが興味を示すMFミラレム・ピャニッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナが、ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチの獲得を再び目指しているようだ。19日にイタリア『フットボールイタリア』が報じている。

 同メディアによると、新たな司令塔候補としてピャニッチ獲得のために4000万ユーロ(約54億円)のオファーを準備しているようだ。今夏にも獲得に乗り出していたが、再び今冬か来夏の獲得を目指しているとされている。

 また、バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督は2011/2012シーズンにローマで指揮をしていたときに、ピャニッチを獲得したことがあった。ピャニッチのことをよく知るエンリケ監督は、今季リーグ戦7試合に出場し4得点4アシストを決めている同選手の獲得を熱望しているようだ。

text by 編集部