花粉やダニ、「PM2.5」も抑制するHEPAフィルター搭載

写真拡大

日立アプライアンスは、加湿空気清浄機「自動おそうじ クリエア EP-LVG110」を2015年10月24日に発売する。市場想定価格は8万5000円前後(税別)。

「ワイドスピード集じん」が進化 業界最高水準の性能

背面パネルに装着した「自動おそうじユニット」がプレフィルターに沿って上下に動き、ブラシで表面のホコリを取り除くことで、手入れが楽になり、清潔に気持ちよく使用できる。ホコリをためるダストボックスのゴミ捨て目安は約1年に1回。

「ワイドスピード集じん」が進化。新開発の高効率ファンモーターの搭載により、従来モデルとの比較で風量が約2割アップしたことで、適用床面積〜48畳(空気清浄運転時)、8畳の部屋なら6分で清浄する、業界最高水準の集じん性能を備える。

「アレルオフ微細じんHEPAフィルター」を採用し、ホコリやスギ花粉、浮遊カビなどの微細な粒子までしっかり捕集。浮遊ウイルス、細菌、花粉やダニなどのアレル物質を抑制する。「PM2.5」も対応。様々なニオイを取り除き、水洗いで脱臭力が回復する「洗える脱臭フィルター」も搭載する。カラーはブラウン、シャンパンの2色。