19日放送の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)で、俳優の山本耕史が暴言を連発して、木村拓哉を心配させる一幕があった。

この日の「BISTRO SMAP」は、三谷幸喜脚本・監督最新作の映画「ギャラクシー街道」の出演者一同がゲストに登場。そのなかで、仕事についての質問に、俳優陣が「YES」「NO」の2択で答えていくコーナーがあった。

「その場の思いつきでセリフを変えてくる?」という質問に、山本は「YES」と答える。山本は「人によると思います。三谷さんの作品は、わりとそのままやっても面白いと思えるんですよ」と語った。

そして次の瞬間、山本は「クソつまんない(セリフの)ときは…」と、いきなり暴言を吐いたのだ。周囲がざわつくなか、山本は、自分の考えたセリフの方がいいと思ったときには「俺が何を言っても、絶対に文句を言わせない」ようにしていると、若干キレ気味で説明した。

続く質問の「その日の撮影後に共演者と飲みに行く?」では、山本は「YES」と答える。しかし、ここでも山本は、「すっごい嫌いな人たちの現場とかあるんですよ」「そういうときは行かないです」と、またしても爆弾発言をかましてみせた。

山本の暴言連発に、木村が「クソつまんないとか、嫌いな人達とか…どうした?」と心配すると、香取慎吾は「いつもこんな感じですけど、すごいちゃんと仕事しますよ」と、思わずフォローを入れていた。

【関連記事】
山本耕史 妻・堀北真希と友人・香取慎吾の共通点を明かす
堀北真希が新婚生活で目撃した山本耕史の理解できない行動
加藤浩次が山本耕史に直球発言「一番かっこいいストーカー」