宮間が女子バロンドール候補入り、受賞すれば澤に続き日本人2人目

写真拡大

 FIFA(国際サッカー連盟)は19日、2015年の女子バロンドール候補と最優秀監督賞候補を発表した。

 女子バロンドールの候補には岡山湯郷BelleのなでしこジャパンMF宮間あやが10名が候補者に選ばれた。また、今夏に行われたカナダ・女子ワールドカップで優勝を果たしたアメリカ女子代表からは、GKホープ・ソロ、MFミーガン・ラピノー、MFカーリー・ロイドらがリストに名を連ねている。

 これまでの女子バロンドールでは、2011年にMF澤穂希(INAC神戸レオネッサ)が日本人選手として初めて受賞した。昨年はドイツ女子代表MFナディネ・ケスラー(ヴォルフスブルク)が受賞している。

 また、女子最優秀監督賞では、ドイツ・ワールドカップを制した2011年になでしこジャパンの佐々木則夫監督が受賞。昨年はヴォルフスブルクのラルフ・ケラーマン監督が受賞した。

 発表された女子バロンドール候補、最優秀監督賞候補は以下のとおり。

■女子バロンドール候補
ナディン・アンゲラー(ドイツ/GK)
ラモナ・バッハマン(スイス/MF)
カディシャ・ブキャナン(カナダ/DF)
アマンディーヌ・アンリ(フランス/MF)
ウジェニー・ル・ソメ(フランス/FW)
カーリー・ロイド(アメリカ/MF)
宮間あや(日本/MF)
ミーガン・ラピノー(アメリカ/MF)
セリア・シャシッチ(ドイツ/MF)
ホープ・ソロ(アメリカ/GK)

■女子最優秀監督賞候補
カレ・バーリン(スウェーデンU−19代表)
コリン・ベル(フランクフルト)
ファリド・ベンスティティ(パリ・サンジェルマン)
ジル・エリス(アメリカ代表)
ローラ・ハーヴィー(シアトル・レイン)
ジョン・ハードマン(カナダ代表)
ジェラール・プレシュール(リヨン)
マーク・サンプソン(イングランド代表)
佐々木則夫(日本代表)
トーマス・ヴェーレ(バイエルン)