東京ヴェルディ
■永井秀樹インタビュー(後編)

 なぜ、永井秀樹は44歳で現役を続けられるのか?

 それは、ひとつのミステリーである。

 2014年1月には、永井は7年ぶり5度目の東京ヴェルディ"入団"を果たしている。もし彼がプロに入った年に「君は4度もヴェルディから離れて、その都度復帰する」と予言されたら、さすがに笑って取り合わなかっただろう。その点、事実は小説よりも奇なり、である。

 もちろん、分岐点はあった。2003年に1年間浪人生活を送ったときだ。すでに32歳だった永井は、"引退"が頭をよぎっても不思議ではない年齢だった。

「あのときはヴェルディを退団して、勝手に『地元の大分(トリニータ)へ行こう』なんて考えていた。でも、実際はなかなか声がかからなくて......。そんな最中、実家に戻ったとき、自分の進路に口を出したことのない親父に、『おまえ、大分でプレーするために、何か動いているのか?』と初めて言われたんですよ。当時の自分は、『向こうが連絡するのが筋だろ』と高飛車だったんですが、『おまえから頭を下げて、社長さんに一度連絡を入れてみろ!』と親父に焚きつけられたんです。それで、思い切って電話を入れたら、『いきなり契約は無理だけど、キャンプ参加しながら』と連絡があって。だから親父の一言がなかったら、そこでサッカー人生が終わっていたかもしれない」

 44歳まで現役を続けるには、人の巡り合わせが大事というか、やはり奇跡に近いものがあるのだろう。

 中学時代には、永井は吉武博文(その後、U−17日本代表を率いてU−17W杯に出場)という指導者と出会い、ボールプレーの面白さに目覚めている。パスを回し続け、とことん敵を走らせ、残り5分で全員足をつらせるサッカーを理想にするようになった。中学3年の時にはマンツーマンで指導を受け、夕飯をそのまま共にし、夜遅くまでサッカー話に花を咲かせた。

 永井は必死に技術を磨いてきたという。

「カズさん(三浦知良/横浜FC)とも話すんですけど、技術はさびない、ということは、続けられる理由としてはあるかもしれない。今も、そこは負けない自信があるから」

 相手を小馬鹿にするようなテクニックで、格好良く勝つ。その性分はヴェルディの気風とマッチした。彼が4度もヴェルディに戻ったのも、やはり巡り合わせだったのかもしれない。

 さりとて、いくら技術を持っていても、やめる者はやめる。

「ヒデ(中田英寿。29歳で現役引退)の気持ちが、実はわからないではないんですよ」

 永井は訥々(とつとつ)と胸の内を明かす。

「彼の引退の仕方って、賛否両論あると思うんです。『まだできるのに、なんでやめるんだ』という声もあるでしょう。でも、"もう十分だ。夢は叶えた"と満足したんじゃないですかね? ヒデは海外でプレーして成功を収め、W杯にも3度出ている。それ以上、何を望むんだって。一方で、自分は何も成し遂げていない。目標にしていた世界も、W杯も出場できていなかった。だから、こうも考える。"自分は夢を叶えていないことが、今も続けられる理由なんじゃないか"って」

 彼は自分の心を見つめるように、慎重に言葉を継いだ。

「もしかすると、カズさんもW杯に出られなかったことが、今も情熱が失われない理由なのかもしれない。それは、カズさんに聞いたことはないし、言われたくないことかもしれないけどね。少なくとも自分は、サッカー選手としての燃え尽き度が違う。『いいサッカー人生ですね!』と言われると、居心地が悪い。自分は何も満足していないから」

 足らざることが彼の情熱を満たし続け、肉体を突き動かしてきた。

 では、44歳になった永井は古巣ヴェルディで何を求めてプレーしているのか。J2リーグ第36節(10月10日)終了現在、ヴェルディは5位。J1昇格プレーオフ圏内(3〜6位)に位置している。

「もともと、ヴェルディはJ2にいるべきクラブではないと思っています。J1昇格はあくまで通過点」と永井は言う。

「ヴェルディはチャンピオンチームとして、日本サッカーをリードしてきました。今は、まずその時代に戻ることがひとつの目標。さらに、停滞気味の日本サッカーを引っ張っていきたい。もちろん、『ヴェルディ? 終わっているでしょ』と言う人もいるでしょう。でも自分はいつもそうだけど、できる限り前向きに取り組んでいきたい。後ろ向きの集団は勝てないですから」

 永井は、引退後の人生に思いを巡らしたことがないという。朧気(おぼろげ)に、"自分が果たせなかった「世界」という挑戦を後輩に託したい"という思いはある。しかし、それが指導者としてなのか、まったく違うアプローチなのか、想像もできない。

「いつだったか、健太さん(長谷川健太。ガンバ大阪監督)に、『いつ引退を意識しましたか?』と訊いたことがあるんですよ。健太さんが言うには、『選手はプレーすることだけに夢中だけど、ずっと続けていると、どこかのタイミングで次にやりたいことが高まって、それが現役を超える瞬間がある』って。健太さんの場合、指導者だったんだろうけど、今の自分にはイメージがない。だから、将来は見えないです(笑)」

 44歳の中年は、今も無垢なまま、サッカー選手の日々を謳歌している。

「まあ、人生の計算ができない男ですからね」

 折れているはずの肋骨のあたりをさすりながら、永井は屈託なく微笑んだ。

小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki