武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

センターFWとして起用。成果と課題を得る

 ブンデスリーガも序盤の9試合を終えた。今季、マインツに加入した武藤嘉紀は8試合連続で先発の座をつかんでいる。新たなチーム、新たなリーグでの成功をつかむために最も重要となるのは監督、選手からの信頼。武藤はそれを勝ち得ることができたのだろうか。

----------

 武藤嘉紀は、今まさにブンデスリーガを体感している。2015年10月18日に第9節を終えて、ブンデスリーガの前半戦も日程の半分を消化した。

 16日にマインツはホームでドルトムントと対戦し、0-2で敗れている。CFのポジションで先発した武藤は、84分にニーダーレヒナーと交代した。ノーゴール、ノーアシストに終わっている。

 本人の言うところの「結果」が出ずに途中交代となったが、監督やチームメイトからの信頼を、武藤は順調に勝ち得ているようだ。

 マインツに移籍加入間もない頃の7月、チームに溶け込むために、仲間からの信頼を得るために、「結果」が必要だと武藤は口にした。ゴール、アシストという目に見える形を残せば、自ずとピッチ上で声が掛かり、パスも出てくる。そう考えていた。

 現在リーグ戦では9試合を終えて、武藤は2ゴール1アシストという結果を残している。数字だけを見てしまうと足踏みをしているようだが、ドルトムント戦の武藤を観れば、決して停滞してはいない。

 第2節のボルシアMG戦から8試合連続での先発は、シュミット監督から信頼を得ていることの何よりの証である。またドルトムント戦で5分と58分に迎えた2度の決定機では、左のベングトソンからゴール前の武藤へグラウンダーのボールが、マリからはペナルティエリアに入る武藤へラストパスが出ている。仲間も武藤の動き出しのタイミングを掴んでいる。

 そしてCFで使われることがはっきりしている中で、武藤はドルトムント戦の後でまた違った課題を挙げた。

「しっかりと自分に入ってきたボールを収めないと、収めるのがFWの役割なので、そこではもっともっと勝率を上げていけるようにしていかないといけない」

現状を分析して自らを客観視する能力

 7月の時点で、結果とはゴールとアシストの“両方”と口にした理由は、「ポジションがどこでやるのか分からない」からだった。合流したての練習では、SHでもプレーした。しかしブンデスリーガが開幕して、8試合連続でCFのポジションで先発したことで、武藤の中では「FWの役割」に対する自覚が芽生えているようだ。

 もちろん武藤は、これからもゴールだけでなくアシストも狙い続けるだろう。しかしそれだけでなく、見えてきたチームの中での自分を客観視した上で、求められる能力に対して自覚的である、ということだ。

 ドルトムントのようなハイプレスを信条とするチームに対して、CFにロングボールを送ることができれば、戦いのバリエーションが増えることになる。相手の頭上高くボールを送れば、そのままプレスの網を交わすことになる。

 必要以上に繋ぐことにこだわった挙句、カットされてカウンターを仕掛けられるといったリスクを減らすことができる。しかしそれも、しっかりとボールを収めるFWが前線にいることが前提条件となる。

 武藤嘉紀というサッカー選手は、そうした現状を分析して自らを客観視する能力に長けているようだ。入団会見の翌日には「結果」の必要性を話して、プレシーズンから意識して取り組んで来たからこそ、今では監督、仲間からの信頼を得ているのだろう。また、かつてプロの誘いを断って、大学サッカーの道に進んだことは、その能力の現れとも言える。

養われつつある新たな感覚

 そしてこれから、対戦した香川真司も予感した得点の量産体制に入るためには、自身の中にあるサッカーの感覚を組み立て直す必要があるかもしれない。

 既に武藤はシャルケ、バイエルン、ドルトムントと現トップ3との対戦を経験した。ドルトムント戦の後では、相手の力が上であることを認めた上で「相手よりも多く走ることだったり、相手よりも球際で強くだったり、そういうことが必要になってくる」と話した。

 少し飛躍するかもしれないが、つまり、武藤の中でブンデスリーガに対する基準が出来つつある。

 これまでFC東京で、日本で培ってきたものを捨てる必要はない。しかし、それらも踏まえた上で、例えば欧州チャンピオンズリーグクラスのチームと対戦することで、武藤の中で新たな感覚が養われている最中とも言える。武藤は、まさに今ブンデスリーガを体感しているのだ。

 改めて何度も自己構築の必要性に迫られながら、マインツで武藤は、ブンデスリーガを戦っている。

text by 本田千尋