日本勢最高位に浮上した宮里美香(撮影:福田文平)

写真拡大

<女子世界ランキング>
 国内女子ツアー「富士通レディース」終了時の女子世界ランキングが発表され、同大会で今季5勝目を挙げたテレサ・ルー(台湾)が21位に浮上した。日本勢最高位の39位には「LPGA KEBハナバンク選手権」で2週連続となるトップ10に入った宮里美香。世界ランク1位の座はインビー・パーク(韓国)がキープ、同大会を制したレクシィ・トンプソンは4位に浮上している。

 その他の日本勢は大山志保が42位、上田桃子が52位。「富士通レディース」で2位に入った渡邉彩香は8ランクアップの67位となっている。
【女子世界ランキング】
1位:インビー・パーク(12.69pt)
2位:リディア・コ(12.42pt)
3位:ステイシー・ルイス(9.12pt)
4位:レクシィ・トンプソン(7.61pt)
5位:ユ・ソヨン(6.46pt)
6位:フォン・シャンシャン(6.29pt)
7位:キム・ヒョージュ(5.86pt)
8位:エイミー・ヤン(5.76pt)
9位:チョン・インジ(5.73pt)
10位:スーザン・ペターセン(5.39pt)
39位:宮里美香(2.50pt)
42位:大山志保(2.38pt)
52位:上田桃子(2.21pt)
57位:成田美寿々(1.90pt)
58位:横峯さくら(1.86pt)
67位:渡邉彩香(1.69pt)
68位:菊地絵理香(1.68pt)
173位:宮里藍(0.71pt)

<ゴルフ情報ALBA.Net>