バロンドール候補10名になでしこMF宮間、最優秀監督候補には佐々木監督

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は19日、2015年年間表彰の候補を発表した。女子最優秀選手賞(バロンドール)の候補には日本女子代表のMF宮間あや(岡山湯郷)が選出。また女子最優秀監督賞の候補には同代表の佐々木則夫監督が選ばれている。

 2014年には最優秀選手の候補に宮間とFW川澄奈穂美が入るも、最終候補3名からは外れた。昨季の同賞はドイツ代表のMFナディン・ケスラーが受賞している。

 2011年に同賞を受賞した佐々木監督は、3位だった昨年に引き続いて2年連続のノミネートとなった。

 同賞ともに最終候補の上位3名は11月30日に決定。1月11日の授賞式で受賞者は発表される。なお男子の候補選手10名および最優秀監督賞候補は、日本時間のきょう20日に発表される予定だ。

■女子最優秀選手候補10名

GKナディン・アンゲラー(ドイツ)

MFラモナ・バッハマン(スイス)

DFカディシャ・ブキャナン(カナダ)

MFアマディーヌ・アンリ(フランス)

FWウジェニー・ルソメ(フランス)

MFカリー・ロイド(アメリカ)

MF宮間あや(日本)

MFミーガン・ラピノー(アメリカ)

MFセリア・シャシッチ(ドイツ)

GKホープ・ソロ(アメリカ)

■女子最優秀監督賞候補10名

カレ・バーリン(スウェーデンU-19代表)

コリン・ベル(フランクフルト)

ファリド・ベンスティティ(パリSG)

ジル・エリス(アメリカ代表)

ローラ・ハービー(シアトル・レイン)

ジョン・ハードマン(カナダ代表)

ジェラール・プレシュール(リヨン)

マーク・サンプソン(イングランド代表)

佐々木則夫(日本代表)

トーマス・ベーレ(バイエルン)