出世の明暗が決定!? 夫のお小遣いを少なくするメリット&デメリット3つ

写真拡大

【相談者:20代女性】
こんにちは。先日、婚約中の彼(28歳)とお金の話をしました。生活費や家賃、貯金、教育費、保険料、投資額などについて話していたのですが、おこづかいの話でもめてしまいました。既婚の友人の多くが旦那に月3万円のおこづかいを渡しているということだったので、 私もそうしたいと提案したところ、彼に猛反対されました。

月3万円では飲み会にも行けない、趣味にも使えない、おこづかい制でなくてもよいのではないかと言うのが彼の言い分でした。そこで、既婚男性、数名に相談してみたところ、「20代のころはおこづかい制で、金額は3万円だった」「お昼ご飯代と飲み代くらいにしかならなかったけど、苦しいのは嫁も一緒だったから頑張った」と不満はあったみたいでしたが、今となっては納得している様子でした。

多くの人の話を聞いた結果、おこづかい3万円はやっぱり妥当だと思うのですが、彼から猛反対されているので混乱しています。この提案を押し通してはいけないのでしょうか。

●A. “好機逸すべからず”。彼こそ優良投資案件かもしれません。

ご相談ありがとうございます。心と身体の誘引師ゆうめです。

独身時代には自己裁量で資産を運用できますが、結婚後は2人で資産を共有し運用しなければいけなくなりますよね。それが全てではありませんが、“お金”はやっぱり大切です。結婚後にもめることがないよう、結婚前にしっかり話しておきたいテーマの1つですね。

『株式会社クロス・マーケティング』の調査によると、日本の家計管理タイプの1位は「おこづかい制」で4割、2位が「家計先渡しタイプ(夫が妻へ1か月の家事代を渡す)」で1.5割という結果でした。ただ、共働きの家庭だけみると、1位は担当する項目を夫婦で分担する「項目別分担タイプ」で3割超え、2位の「おこづかい制」の2.6割を上回る結果となりました。

同社の別の調査では、年収に占める年間の夫のおこづかい率が算出されています。日本は6%、北京・上海・香港は34%、ロンドン12%、ローマ・ミラノ11%、ニューヨーク10%という結果でした。あなたの彼の年収の6%が36万円ならば、おこづかい月額3万円は日本国内の一般的な金額であると言えそうです。しかし、これはあくまで統計値。目安にはなりますが、目安でしかありません。

ファイナンシャルプランナーであり、数々の講演や、雑誌・新聞などでの執筆でご活躍されている花輪陽子さんは、著書『夫婦同時失業から復活したFPが教える、節約せずに年間200万円貯める方法』の中で、『おこづかいは、夫という資産への「投資」』だと言っています。

おそらくあなたの彼は、生涯1億円は稼ぐことでしょう。これがおこづかいという投資により2億円以上になるのだとしたら、マンションや株に投資するよりも彼の方が投資価値が高い優良案件と言えるかもしれませんね。

また、あなたが相談をしたおこづかいが3万円だった既婚男性たちのことを思い出してください。彼らに部下はついてきているでしょうか。ケチというレッテルは貼られていないでしょうか。これから出世しそうでしょうか。自分の旦那に彼らのようになってほしいと思えるでしょうか。もしも、あなたがそう思えないような原因にお金が関係しているようであれば、おこづかいについて“再考の余地あり”です。

おこづかいが少ないことのメリットとデメリットをご紹介しますので、彼の投資価値について見極める参考にしてくださいね。

●おこづかいが少ないメリット

●(1)無駄遣いをしない

行きたくない飲み会は断りますし、お金に余裕がないので後輩に奢ることもなくなるでしょう。妻好みの倹約パパになれますね。