写真提供:マイナビニュース

写真拡大

最先端の戦争兵器にスポットを当てるシリーズ『フューチャーウェポン・21世紀 戦争の真実』が、ドキュメンタリーチャンネル「ディスカバリーチャンネル」で再放送されている。

世界最強といわれるアメリカ海軍特殊部隊・シールズの元隊員リチャード・マコウィッツの案内によって、陸海空のさまざまな兵器を解説。15日の「近未来兵器」に続いて21日に放送される「コンバットシステム」では、非殺傷兵器としてネットなどでも話題になった「アクティブ・ディナイアル・システム」が登場する。

アクティブ・ディナイアル・システム(Active Denial System:ADS)は電磁波を照射することで対象者を「やけどのような感覚」に陥らせる兵器。有効距離は火炎瓶や小型拳銃の射程距離を越える450メートル。暴徒鎮圧を主目的とし、通常使われる放水砲、ゴム弾、催涙ガスよりも安全であるため"人道兵器"とも呼ばれている。番組の被験者は、「音もなく目にも見えないのに、突然どこからかやってきます」「急激にひどい日焼けをしたかのようです」とその効果を説明する。

ミリ波の電磁波を光の速さで送り出すことが、この仕組みの肝となる。電磁波は皮膚の下、およそ0.4ミリの深さまで浸透。人間の大半を占める水分が電磁波を受けると振動し、熱を帯びる。標的となった人間は数秒で皮膚に焼け付くような熱さを感じ、その場を動かない限りこの熱さから逃れることはできない。過度に照射されないようコンピューター制御され、電子レンジで使われるマイクロ波ではなくミリ波なので人体を激しく損傷する恐れもないという。

一方、今後数十年アメリカ陸軍の基礎になるといわれているのが、フューチャー・コンバット・システム(Future Combat System:FCS)。車両、偵察機、ロボットなど無人機器を駆使し、電子装備を身に着けた地上部隊とそれらを情報通信ネットワークで統合するというもの。21世紀における「陸軍の最重要開発プログラム」で、戦闘方法を根底から変える技術としてアメリカが多額の費用を投入しているという。

同シリーズでは、「地上攻撃機」(10月28日放送)、「爆弾分解装置」(11月4日放送)、「非致死性兵器」(11月11日放送)、「身辺警護用兵器」(11月18日放送)、「イスラエル軍の最新兵器1」(11月25日放送)など、さまざまな視点で"戦争の真実"に迫る。

(C)Discovery Communications, LLC.