ベッカムが約50億円の新居購入を検討か? 先週には一家で下見に

写真拡大

▽元イングランド代表MFデイビッド・ベッカムは、イングランド南西部のグロスターシャーに豪邸を購入するつもりのようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

▽『デイリー・メール』によると、ベッカムは妻のビクトリアさんと息子のブルックリン君、ロメオ君、クルス君、そして娘のハーパーちゃんを連れて、先週この家を訪問したとのこと。購入を検討している物件の本邸はベッドルームが10室、バスルームが6つあり、値段にして2700万ポンド(約49億8700万円)もするとのこと。さらに13の建物があるという。

▽また、家の周囲にある庭園はイギリスの有名な建築家の1人であるエドウィン・ラッチェンス氏が設計したとのこと。また、敷地内に流れる川で釣りが出来る他、キジやヤマウズラの狩りもできるようだ。

▽ベッカム夫妻はかつて、その豪華さからエリザベス女王の住居であるバッキンガム宮殿をもじった“ベッキンガム宮殿”と呼ばれる豪邸に住んでいた。