メキシコ、アカプルコの観光業が壊滅 殺人の都と呼ばれ毎日2〜6人が殺害

ざっくり言うと

  • メキシコのアカプルコは今では「殺人の都」と呼ばれるようになった
  • 毎日2〜6人が殺害されており、銃撃戦は日常茶飯事だという
  • 2009年には3万人の米国人学生が休暇で訪れたが、現在はほとんどいない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング