ついに初選出!! 浦和MF関根「自分の持ち味を発揮したい」

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は19日、25日から29日まで佐賀でトレーニングキャンプを行うU-22日本代表候補メンバーを発表。浦和レッズの第1ステージ制覇に大きく貢献したMF関根貴大が、手倉森ジャパン初選出を果たした。

 昨季、下部組織からトップチームに昇格した関根は第4節清水戦でJデビューを飾ると、第14節C大阪戦で初ゴールを奪うなど頭角を現し、初年度ながらも21試合2得点の記録を残した。2年目を迎えた今季は第1ステージ途中から先発の座を奪うと、16試合4得点を記録してチームの第1ステージ制覇に貢献。第2ステージも第14節終了時点で、13試合1得点の記録を残しており、20歳ながらも浦和の主力としてプレーしている。

 関根は以前、「オリンピックにはもちろん行きたい」と五輪への強い思いを示しながらも、手倉森ジャパンに一度も招集がないことに「選ばれていないのは、まだまだだということ。選ばれる選手はどんな監督でも選ばれると思うので、自分もそれだけの実力を付けていきたい」と語っていた。

 そして、ようやく初招集された。関根はクラブを通じて、「U-22日本代表候補に選出いただき、大変嬉しく思います。初めて参加することになりますが、自分の持ち味を発揮して、しっかりアピールできるようにがんばりたいと思います」と意気込みを示した。


●AFC U-23選手権2016特集