天国か地獄か。箱根駅伝予選会には今年も"魔物"が潜んでいた。魔の手から逃れたのは、予選通過が危ぶまれていた名門・日本体育大。10000mで28分台の富安央(とみやすあきら)が自主的にチーム第2集団のバックアップに回ったことがプラスに働いた。10km地点で総合14位も、富安が集団から遅れそうな選手に声をかけるなどして最終ラインを押し上げる。徐々に順位を上げていき、堂々3位で68年連続出場を決めた。

 一方で、魔物の餌食となったのが國學院大と国士館大だ。國學院大はエースの蜂須賀源(はちすかげん)がエントリーから外れたとはいえ、10000m29分台が25人という選手層は予選会出場校でナンバーワン。前田康弘監督が「大丈夫だという過信があった」と話すように、10kmの通過が予定よりも10秒ほど早くなり、得意としていた集団走が崩壊。まさかの13位で落選した。

 また、国士館大は9位の東京国際大、10位の上武大に終盤に逆転を許して11位となり、「10枚」ある本戦へのチケットを逃した。明暗を分けたのは、わずか10秒という差。今回もドラマチックな展開になったが、ボーダー付近の戦いをクローズアップすると、成功と失敗の差が浮き彫りになってくる。今回の勝負どころはラストの数kmにあった。

 予選会は一斉スタートの20kmレースを行ない、各校上位10人(出場は12人まで)の合計タイムで争われる。ボーダー付近の戦いは例年以上に熾烈だった。15km地点の総合10位は國學院大。そこから4秒遅れで上武大と東京国際大が続いていた。国士館大は総合7位で、通過ラインまで1分21秒の"貯金"があった。

 それが17.5km地点になると國學院大は総合12位と圏外に弾き出され、国士館大も9位に転落する。10位は東京国際大で、11位は上武大。その差は10秒だった。国士館大と上武大との差は52秒で、上武大からすれば残り2.5kmで国士館大の選手よりも、ひとり5秒ちょっと速く走れば逆転できる計算になる。1kmあたり約2秒。両校のペースを考えると、非常に際どい展開だった。

 序盤で抜け出したダニエル・ムイバ・キトニー(日本大)が58分20秒で真っ先にゴールへ駆け込むと、続々と選手たちがフィニッシュ。最初に10人を揃えたのは帝京大で、その後も有力大学は大きく遅れることなくゴールした。日本大が総合10時間06分00秒でトップ通過し、以下、帝京大、日本体育大、順天堂大、神奈川大、拓殖大、法政大、中央大、東京国際大、上武大の順で予選会をクリアした。

 11位国士舘大の総合タイムは10時間12分14秒。前回"過去最速タイム"で落選した東京農業大の記録(10時間14分52秒)を大きく上回った。これには、予選会当日の天候も大きく影響している。スタート時の気温は16度、雨が降り続くレースで、62分を切った選手は過去最多を24人も上回る163人を数えた。

 予選会の前に筆者が有力大学の指揮官に電話取材をした際、トップ通過を果たした日本大・小川聡駅伝監督は、「10番目の選手を62分30秒以内でフィニッシュさせたい」と話していた。実際は10番目の選手が61分42秒でゴールしており、目標よりも48秒良かったことになる。それだけ今回は選手にとって走りやすいコンディションだった。

 また、10秒差で落選した国士館大・添田正美コーチは、「60分台で多くの選手を走らせて、トップと10番目の差ができるだけない形でゴールさせたい」という戦略を立てていた。チームトップが60分14秒で同10番目が61分42秒。その差は1分28秒。これは帝京大の1分09秒に次ぐタイム差で、チームとしては十分に力を発揮したといえる。それでも、ひとり1秒差での敗退となったことに、添田コーチは「ラスト100mでスパートしろと言っていればよかった」と悔しがった。

 8年連続出場を決めた上武大・花田勝彦監督は、「ダメかと思いましたが、みんな最後の1秒まで頑張ってくれました」と本音を口にする。予選会の攻略法を確立しているチームだが、今回は苦戦した。「12番目の選手が62分以内で走れるように」という目標を掲げるも、チーム8番目以降が62分をオーバー。それでも通過できた要因として、花田監督は、東森拓(59分53秒)、坂本佳太(60分20秒)らの快走を挙げた。

 どちらかというと前半型のレースを見せた国士館大とは反対に、「終盤重視」の戦略で初出場を勝ち取ったのが東京国際大だ。創部5年目の新興チームは、前回13位まで順位を上げており、今年は"5年計画"のラストイヤーだった。「残り5kmからが勝負だと、細かくタイムを意識して練習してきました」と大志田秀次監督。レース2日前にも再度コースを下見するなど、特に19kmからゴールまで残り1kmは「ぶっ倒れるまで力を振り絞る」というイメージを大切にしていた。

 そして選手たちは、18km付近でチームメートが掲げたボードを目にしている。そこには、「15km地点で12位、10位國學院大と4秒差」と書かれていた。ラストを上げれば通過できる。選手たちは"夢"に向かって最後の力を絞り出した。レース終盤での意識の差が、運命を変えたのかもしれない。

酒井政人●取材・文 text by Sakai Masato