スーパーゴールを決めたアレハンドロ・ゴメス【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間の18日に行なわれたセリエA第8節アタランタ対カルピの一戦でスーパーゴールが生まれている。

 スーパーゴールが生まれたのは前半終了間際の43分。アタランタがコーナーキックを得ると、MFアレハンドロ・ゴメスが狙いすましたキックを放つ。すると、ボールは大きくカーブを描き、そのままファーサイドのゴールネットに吸い込まれた。

 コーナーキックからの直接ゴールは過去にはコリンチャンス時代のロベルト・カルロスやガンバ大阪の遠藤保仁が決めている。

 試合はアタランタが3-0とカルピに快勝を収め、チームは現在セリエAで8位と健闘している。

text by 編集部