産経前ソウル支局長の公判の通訳に混乱 誤訳や意訳が続出する異例の事態

ざっくり言うと

  • 19日、産経前ソウル支局長の第10回公判が開かれた
  • 通訳は、誤訳や意訳などの問題が指摘された前回の公判と同じ女性が担当
  • 弁護側が用意した別の通訳が誤りを正しながら進行する、異例の事態となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング