いまや通年が常識!化粧下地+パウダーファンデでできる“紫外線ケア”

写真拡大

 夏が終わって紫外線対策も一区切り‥‥なんて思ってるあなた、実はそれって“老化肌”を生む危険行為なんです。

 紫外線が肌に天敵なのはご承知のとおり、シミ・シワ・たるみ・乾燥など肌を老化させる要素を沢山含んでいます。

 ただし、紫外線ケアは日差しの強い夏だけやっていればいいというものではありません。いまやアンチエイジングの視点からいえば、「一年中」の対策が基本なのです。

 昨今は「目指せ!ファンデいらずのすっぴん肌」などと言われていますが、だからといってノーファンデで外出するのは別の話。秋でも冬でも、お肌は常に紫外線のダメージから守らなくてはいけないということを理解しておきましょう。

 では、この時期の紫外線・UV対策はどのようにするのがいいのでしょうか。

 一番に思いつくのは「UVカット効果のある化粧下地」などを使うというものです。しかしこれらのタイプはクリーム状で剥がれやすかったり、皮脂で崩れやすいのが難点。これではせっかくの対策も、時間とともに効果がなくなってしまいます。

 そこでオススメしたいのが「パウダーファンデーション」。これを化粧下地や日焼け止めクリームの上に乗せると、紫外線カット効果が落ちづらくなるんです。しかもUVカット効果のあるパウダーファンデーションを使えば、より一層強力な紫外線ケアができるのも利点です。

 シミ・シワ知らずのいつまでも若々しい肌を目指すなら、こうした“チョットしたひと手間”を惜しまずに、しっかり対策を心掛けましょうね。

文:Holistic Health & Beauty Spa Y’s Room 櫻井 佑佳、「キレイの先生」編集部( http://kireinosensei.com/ )