『罠(わな)〜被災地に生きる』(監督:ブリランテ・メンドーサ)

写真拡大

フィリピン映画の特集上映『CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン』が、10月22日から東京・六本木ヒルズで開催される。

【もっと画像を見る(10枚)】

同イベントは、昨年に『東京国際映画祭』の新部門として設立された「CROSSCUT ASIA」の第2弾。CROSSCUT ASIAは国際交流基金アジアセンターと『東京国際映画祭』によるコラボレーション企画で、様々な切り口でアジア映画を特集上映している。

『CROSSCUT ASIA #02 熱風!フィリピン』では、2009年に『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』で『カンヌ国際映画祭』監督賞を受賞したブリランテ・メンドーサ監督を特集。2013年にフィリピンを襲った巨大台風の被災地を描く最新作『罠(わな)〜被災地に生きる』をはじめ、5本の監督作が上映される。

さらに今年の『ベルリン国際映画祭』カリガリ賞を受賞したキドラット・タヒミック監督の『お里帰り』、フィリピンを代表する映画監督のひとりであるイシュマエル・ベルナールによる1982年の作品『奇跡の女』のデジタルリストア版なども上映。メンドーサ監督の作品を含め、上映作品には全10本がラインナップされている。また10月26日には、フィリピンの若手映画監督によるシンポジウムが開催。詳細は『東京国際映画祭』のオフィシャルサイトをチェックしよう。