9月30日にグッドデザイン賞の受賞が発表された「アクアード」。通常の扉に見えるが、裏側の水槽には大量の水が満たされていた(撮影:防犯システム取材班)

写真拡大 (全4枚)

 文化シヤッターは東京ビッグサイトで開催された「危機管理産業展2015」にて、高い止水性能を発揮する「アクアード」などの防災関連製品の実演展示を行った。

 「アクアード」は片開きスチールタイプの止水ドアで、通常のドアと見た目はほとんど変わらないものの、止水グレモン(ハンドルを上げ下げすることで施錠・解錠できるロック機構)を閉じるだけで高さ3mまで(トビラの幅900mm×高さ2100mmの場合)の浸水に耐える仕組みとなっている。

 また、丁番(いわゆる「ちょうつがい」)も止水グレモンと連動して、ドア枠とトビラを密着させるという特殊なものを採用している。

 通常の水密トビラは、70〜125mmほどの厚さになってしまうところ、「アクアード」は厚さを40mmに抑えられたことで、手軽な操作性と低コストを実現している。

 もう1つ、防災関連製品として展示されていた「ラクセット」は事前の工事不要で、さまざまな場所に取り付けることができる止水板。商業施設やオフィスの開口部の浸水対策を想定した製品となる。

 こちらは水位350mm、475mm、600mmに対応した製品をラインナップしており、浸水被害を低減することができる。

■関連リンク
危機管理ソリューション特集
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI