不具合続発のMac最新OS「El Capitan」、調子が悪くなったらどうする?
 現地時間で2015年9月30日(国内では10月1日)に無料でリリースが開始された新しいMac OS X「El Capitan(エル キャピタン)」は、「Mac App Store」で過去最高の評価を獲得した。しかし、リリース後2週間が経過して様々な不具合報告が集まりつつある。

 その中でも深刻なのは、パソコン利用の主な用途であるメールの利用やWebサービスへのアクセスに不具合が生じている点。また、プロユースとして業務などで使われているアプリケーションでもクラッシュ報告が相次いでいる。ここでは現在挙がっている不具合の報告や対処法、これらを考慮して「El Capitan」にアップデートすべきがどうか、アップデートする際の注意点などを見ていこう。

◆不具合その1:アカウントがインターネットアカウントから削除される

 インターネットの利用は現在では欠かせない作業のひとつであるが、「OS X El Capitanにアップデート後、全てのアカウントがシステム環境設定内の「インターネットアカウント」から削除されてしまうといった現象が発生している。「メール」アプリケーションで利用するアカウントもすべてここに統合されているため、これが発生してしまうと、メールがすぐに使えなくなってしまう。ここから様々なアカウントを登録し直すことは可能だが、現在一部のサービスが表示されないことも確認されている。この場合は、「Time Machine」などのバックアップから、アカウントだけを移行することで解決することができる。また、次項目で解説する特定のSSL認証書を削除することでも解決する可能性がある。

◆不具合その2:Webサービスへアクセスできない

「OS X El Capitan」にアップデート後、特定のWebサービスに接続できない問題も発生している。公式の「Mac App Store」や「iTunes Store」をはじめ、「Twitter」などでも接続できない報告が挙がっている。これは、アップデート時に一部のSSL証明書が壊れてしまうことが原因。対処法としては、標準アプリケーションの「キーチェーンアクセス」を起動して、「ログイン」→「分類」→「証明書」を開き、接続できないサービスのSSL認証書を削除してから接続し直せば解決する。SSL認証書を削除する際は、一応バックアップを取っておいた方がより安全だ。

◆不具合その3:メールが受信できない

「メール」アプリケーションでもいくつか不具合が挙がっている。「OS X Yosemite」で自宅プロバイダなどのPOPメールを利用していると、「OS X El Capitan」にアップデート後、POPメールが受信できなくなってしまうことがある。この場合は、「メール」アプリケーションの環境設定を開き、「アカウント」→「POPメールのアカウント」→「詳細」タブで「アカウント設定を自動的に検出して管理」のチェックを外すことで解決できる。このほか、「メール」アプリケーションを起動した際、「メールを送信できません」というメッセージが多数表示されることがあるが、残念なことに現時点ではこの対処法はまだ公開されていない。

◆不具合その4:文字化けするフォントが発生

「OS X El Capitan」には複数の日本語フォントが追加されているが、ヒラノギフォントに関して、製品版や従来版のフォントと比べて深刻な互換性上の不具合があることを、販売元の株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズが発表。製品版のヒラノギフォントを使って作成した文書を「El Capitan」に搭載の「ヒラギノPro」、「ヒラギノStd」で表示すると文字化けや組み体裁が崩れる場合があるとのこと。現在、Appleと対応を協議中とのことだ。

 ここまでは「OS X El Capitan」自体の大きな不具合ではあるが、サードパーティ製のアプリケーションに関しても多くの不具合が発生している。その主なものを見てみよう。