日ハム時代の活躍を振り返る森本稀哲選手

写真拡大

 新庄剛志、稲葉篤紀、坪井智哉という鉄壁の外野陣が揃っていた2006年当時の北海道日本ハムファイターズ。新庄が欠場したことで2006年3月29日のロッテ戦で抜擢されたのが森本稀哲(ひちょり)外野手(34)。レギュラーとして活躍しパ・リーグを連覇するなどチームの黄金期を支え、その後、横浜、西武へと移籍後も人気を集め、今季限りでユニフォームを脱いだ。ピッコロ大魔王やラーメンマンのコスプレなど、抜群のファンサービスも印象深い。

 だが、日本ハムで活躍した当時の行動を後悔していると語る。

「いわゆる“調子乗り期”に突入してしまったのです。1億円を超える年俸をもらい、買い物に行けばブランドショップをハシゴして短時間で数百万円を使う。そりゃ遊びましたよ。この頃に練習量を増やして自分を追い込んでいれば、まだまだユニフォームを着ていられたと思います」(森本)

 引退後については明確なプランがある。

「僕はこれまで8人の監督と100人以上のコーチを見てきました。中にはやりづらい人もいました(笑い)。その経験を生かして“選手から見た指導者”をテーマに講演しようと考えています。力を発揮しやすい指導者との関係は、一般企業の上司と部下の関係にも当てはまると思います。ちなみにコーチの実名は出しませんので、球界関係者の皆様、ご安心ください(笑い)」(森本)

 評論家としても現役時代同様の“ファンサービス”を期待しています。

●森本稀哲(もりもと・ひちょり)/1981年東京都生まれ。1998年、帝京高校からドラフト4位で日本ハムファイターズに入団。横浜を経て西武へ移籍。ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞3回。通算成績は3497打数904安打、打率.259、打点267、本塁打33本。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年10月30日号