国内外のメーカーのワールドプレミア

写真拡大

「第44回東京モーターショー2015」が2015年10月30日から東京ビックサイト(江東区有明)で開催される。11月8日まで。

「きっと、あなたのココロが走り出す」をテーマに、世界一のテクノロジーモーターショーを目指し、乗用車、商用車、二輪車から、車体、部品・機械器具、自動車関連サービスを含む総合ショーとして開催する。

世界11か国から計160社が参加し、国内全ての乗用車・商用車・二輪車メーカー14社15ブランド、海外メーカー16社26ブランド(乗用車・商用車・二輪車)が出展する。FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)グループの4ブランド(アルファ ロメオ/フィアット/ジープ/アバルト(初出展))が8年振りに復帰するほか、フランスのシトロエンから独立した新ブランド「DS」が初出展し、ドイツのメルセデス・マイバッハが復帰する。

開場時間は10時〜20時(日曜日は18時まで)。10月30日は12時30分から。入場料は、一般1600円(前売は1400円)、高校生500円(前売は400円)、中学生以下無料。