©2016「ピンクとグレー」製作委員会

写真拡大

10月22日〜31日の期間開催される、『第28回東京国際映画祭』。六本木を中心に、新宿にもエリアを拡大する本映画祭は、公開前の話題作はもちろん、世界各地から集められた良作に加え、『ガンダムとその世界』などのイベント上映も充実。舞台挨拶やトークショーなどここでしか体験出来ない企画も盛りだくさんです。

坂口健太郎に松山ケンイチ、西島秀俊まで! 「東京国際映画祭2015」のイケメン俳優フォトギャラリー

「コンペティション」「アジアの未来」など、28もの部門・特集で集められた映画の数々。「たくさんありすぎて正直何を観れば良いのか分からない!」という人も多いと思います。ええ、筆者もその一人です。

そこで、今回は“大スクリーンで観る良い男!”をテーマに、イケメン達が出演する映画をピックアップしてご紹介。タイプ別に分けてありますので、あなたの好みでチョイスして。

ジャニーズは外せない!
芸達者な2人に注目

『ピンクとグレー』中島裕翔、菅田将暉

芸能界の嘘とリアルを、NEWSの加藤シゲアキが書いた同名小説が原作。Hey!Say!Jump!のメンバーであり、ドラマ『デート〜恋とはどんなものかしら〜』等で注目が集まる中島裕翔が主演。現役アイドルが紡いだ衝撃のストーリーを、『GO!』『世界の中心で愛を叫ぶ』の行定勲監督がどの様に映像化するのか? 実力派若手イケメン達の演技対決は必見。

『味園ユニバース』渋谷すばる

関ジャニ∞のメンバーとして、その高い歌唱力に定評のある渋谷すばる。彼の歌声を思う存分堪能出来る本作。大阪の局地的人気バンド「赤犬」のライブに渋谷すばる演じる謎の男が乱入、二階堂ふみ演じる「赤犬」のマネージャー・カスミが彼を拾い奇妙な共同生活を送る、という“ジャニーズ×サブカル”の奇跡の融合が魅力的。大スクリーンに轟く、渋谷すばるの歌声は女子はもちろん、男子のテンションをグっと上げてくれる事間違い無し。

“塩顔男子”がたまらな〜い、アナタに!

『残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋』坂口健太郎

ベストセラー小説の映画化。竹内結子と橋本愛主演で描く戦慄のミステリーには、今最も注目を集めている若手俳優・坂口健太郎が出演。 “塩顔男子”ブームを巻き起こし、映画『ヒロイン失格』など活躍の幅を広げる彼が、映画でどの様な演技を見せるのか、期待が高まる。

『トイレのピエタ』野田洋次郎

人気ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル野田洋次郎を主演に迎えた本作。手塚治虫が死の直前まで綴っていた日記にインスパイアされ書き下ろしたオリジナル脚本による物語を、独特の雰囲気と世界観で演じる。

『の・ようなもの のようなもの』松山ケンイチ

元祖(!?)塩顔イケメンといえば、松山ケンイチ。2011年に急逝した森田芳光監督のデビュー作『の・ようなもの』(1981)のその後を描くオリジナル作品にて主演を務める。北川景子から、尾藤イサオ、でんでんまで、新旧“森田組”の集結にも注目。

40代の魅力にクラクラ……大人の男大集合!

『劇場版 MOZU』西島秀俊

人気ドラマの劇場版。今やカッコイイ大人の男の代名詞的存在である、西島秀俊がスクリーンでも渋みがかった演技を見せる。香川照之、真木よう子らおなじみのメンツに加え、最強の敵役・ダルマに扮するビートたけしの迫力におののく。

『ラブ&ピース』長谷川博己

『セカンドバージン』『鈴木先生』で大ブレイク後、『デート〜恋とはどういうものかしら〜』や『MOZU』など、幅広い役柄に挑戦する事でも知られる長谷川博己。本作では、恋人も友人もいない、ダメダメな地味男がロックスターに変わっていく過程を見事に演じている。思わず吹き出してしまう、怪演に注目。

『俳優 亀岡拓次』安田顕

大人気演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーであり、今年は『ビリギャル』『龍三と七人の子分たち』『新宿スワン』等、数々の話題作に出演した安田顕。待望の主演作では、脇役専門の俳優・亀岡拓次の悲喜こもごもを演じる。泥棒、侍、ヤクザなど劇中での○変化に期待。

『駆込み女と駆出し男』大泉洋

安田顕と同じく大人気演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーであり、今や日本映画界に書かせない存在となった大泉洋。監督特集<原田眞人の世界>内で上映される本作は、離婚したい女と、その女のはなしを聞く男を中心とした人情ドラマ。

『クライマーズ・ハイ』堤真一、堺雅人

監督特集<原田眞人の世界>内で上映される本作は、2008年のヒット作。群馬県御巣鷹山の墜落事故の裏で、真実を伝える為命を懸けて戦う新聞記者を描いた社会派ドラマ。堤真一、堺雅人の実力派による緊迫した演技は見物。

『残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋』佐々木蔵之介

竹内結子と橋本愛主演で描く本格ミステリーには、“40代独身俳優、最後の砦”と騒がれる佐々木蔵之介が出演。関わると奇怪な事件が起るといういわく付きの部屋を調べて行くという、戦慄の展開に、佐々木蔵之介迫真の演技が映える。

もっと“渋好き”なら! オーバー50の大人な男達

『終着点駅 ターミナル』佐藤浩市

北海道・釧路を舞台にした静かな大人なラブストーリー。佐藤浩市と本田翼の初共演となる本作は、過去の出来事で心に傷を負った男と、誰にも頼る事無く生きてきた若い女の切ない感情が見所。

『友だちのパパが好き』吹越満

親友に自分の父親の事が「好きだ」と告白され、常識もかえりみずにアタックする彼女に振り回される人間模様を描いた純愛コメディ。娘の親友に恋される父親役に吹越満。彼の困りながらもまんざらでも無い、絶妙な表情はさすがの一言。

『ラスト・ナイツ』井原剛志

『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督ハリウッド進出作品。「忠臣蔵」をベースに、騎士たちの忠誠心を描いたダークファンタジー。主人公ライデン(クライブ・オーウェン)の最大のライバルを演じる井原剛志の感情を抑えた演技に注目。

『乱』『炎上』仲代達也

特集上映「日本映画クラシックス」内で上映される『乱』と『炎上』には、若き日の仲代達也が出演。30年以上の時を経ても色あせない映画のパワーと共に、スクリーンに鮮烈な印象を残す、希代の俳優・仲代達也の魅力に注目を。

追悼上映「高倉健と生きた時代」高倉健

2014年に亡くなった高倉健の追悼上映。『網走番外地』『幸福の黄色いハンカチ』『鉄道員(ぽっぽや)』など、数々の代表作がスクリーンに。国内のみならず、世界中からもリスペクトを集める、高倉健の魅力をしみじみ味わいたい。

“イケメン”は万国共通! 世界の美しい男達

『ディーン、君がいた瞬間』デイン・デハーン、ロバート・パティンソン

死の直前のジェームズ・ディーンを演じ、「LIFE」誌の写真家デニス・ストックとの2週間にわたる旅と友情を描いたドラマ。『アメイジング・スパイダーマン』や、「PRADA」のモデルなどで注目の美青年デイン・デハーンがジェームズ・ディーンを熱演。『トワイライト』シリーズで世界中の乙女を魅了した、ロバート・パティンソンとの美しすぎる男の友情は芸術的。

『Dark Places(現代)』ニコラス・ホルト

恐いけど面白い! と世界中で大ヒットした『ゴーン・ガール』原作・脚本のギリアン・フリンの小説を映画化。彼女らしい、衝撃と戦慄の物語はもちろん、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の“ウォーボーイズ”として大人気となった、キュート系イケメン、ニコラス・ホルトの出演にも注目。

『ラスト・ナイツ』クライブ・オーウェン

『ボーン・アイデンティティ』『クローサー』など、寡黙で渋い役柄を演じる事の多いイギリス人俳優、クライブ・オウェン。紀里谷監督作品『ラスト・ナイス』では、主君に忠誠を誓う、強い“サムライ心”を持った男を演じる。

『エベレスト3D』ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール

エベレスト登頂を目指して世界各地から集まったベテラン登山家たちが、様々なトラブルに逢い、極限状態を生き抜いていく姿を描いたサバイバルドラマ。3Dで映画化された、恐ろしいほどの迫力はもちろん、ジェイク・ギレンホールら実力派俳優の演技に注目を。

『俺の心臓を撃て』イ・ミンギ、ヨ・ジング

同じ日に精神病院に送られた25歳の青年を中心に、一風変わった入院患者達の人生ドラマを描いた物語。韓国ドラマで日本でも人気上昇中の新進スター2人の共演は、青田刈り的観点からも大注目。

イケメン!? でもカッコイイ男に惚れ惚れ……な番外編

『ジョーのあした 辰吉丈一郎との20年』

元WBC世界バンタム級王者のプロボクサー・辰吉丈一郎を、阪本順治監督が20年にわたり取材して完成させたドキュメンタリー。本人へのインタビューを中心に、ボクシングに対する考え、父と子の絆、家族への思いなど、ボクサーとしての辰吉丈一郎、一人の人間としての辰吉丈一郎を追っている。

『亜人 第1部「衝動」』宮野真守、細谷佳正、櫻井考宏

決して死ぬことのない新種の人類「亜人」と、それを追う日本国政府の戦いを描いた桜井画門の人気コミック。三部作として映画化される第1部は、「衝動」として、主人公・圭が“亜人”となるまでのはじまりを描く。人気イケメン(もちろん声も)声優、宮野真守、細谷佳正、櫻井考宏の出演に、アニメファン、声優ファンは注目。

『破風』

『弱虫ペダル』にハマり中の女子からも熱視線!? 自転車レースに命を燃やす男たちの熱い闘いを描いた本作。K-POPグループ、SUPER JUNIORのシウォンの他、登場する男性陣の鍛え抜かれた肉体美は必見。米アカデミー賞の外国語映画賞に香港代表としてノミネートされている大注目の一作。