キックオフから7秒でゴールを決めたFWマイク・グレラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 メジャーリーグサッカー(MLS)が18日に行われ、ニューヨーク・レッドブルズはフィラデルフィア・ユニオンと対戦した。この試合で先発出場を果たしたNYレッドブルズのFWマイク・グレラがMLS史上最速のゴール記録を樹立している。

 フィラデルフィアのキックオフでスタートすると、センターラインにいた選手がバックパスをしたにも関わらず、余所見をしていたマイケル・ラフードがボールが来ていることに気づかず反応が遅れ、NYレッドブルズのグレラにボールを奪われてしまう。そのままグレラが一人で持ち込みゴールを決めた。キックオフから、わずか7秒後の先制点となっている。

 その直後の4分にもショーン・ライト=フィリップスが追加点を決めて突き放した。動揺を隠せないフィラデルフィアはその後もNYレッドブルズに追加点を許し、前半だけで4点を追う形となった。後半に入りフィラデルフィアに1点を返されたレッドブルズだったが、リードを守りきり4-1で勝利している。

text by 編集部