ファルカオ、今冬にチェルシー退団か

写真拡大

チェルシーに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(29)が、来年1月の移籍市場で同クラブを退団する可能性が出てきたようだ。イギリス『ミラー』が報じている。

▽今夏にモナコからのレンタルでチェルシーに加入したファルカオだが、ここまでリーグ戦7試合(先発1試合)で1ゴールと思うような結果を残すことができていない。また、ジョゼ・モウリーニョ監督から信頼を得られていないこともあり、今後もレギュラーとしてプレーすることは難しい状況だ。

▽この状況を受けて、コロンビア代表での立場も危うくなっているファルカオは、今冬のチェルシー退団を真剣に考え始めているようだ。

▽なお、スペインの一部メディアは、負傷者の影響などで前線の駒不足に陥っているバルセロナが、ファルカオの獲得に関心を示していると報じている。