日常で起こる何気ない出来事を五・七・五で伝える「サラリーマン川柳コンクール」

写真拡大

日常で起こる何気ない出来事を五・七・五で伝える「サラリーマン川柳コンクール」の募集が2015年10月19日から始まる。第一生命保険が毎年行っており、今回で29回目となる。

入賞者には豪華プレゼント!

サラリーマンをはじめ、OL、主婦など幅広い世代の人たちから、日常生活での一幕をユーモアと風刺をきかせて表現した川柳を募る。上司や部下への本音、妻や夫への想いなど、これまで累計約100万句が寄せられており「皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」(イソノ家、14年度)、「うちの嫁 後ろ姿は フナッシー」(段三っつ、13年度)など、思わず「あるある」と口にだしてしまいそうな作品が1位に選ばれている。

16年2月中旬に応募作品から選ばれた「全国優秀100作品」が発表され、5月下旬には全国のサラ川ファンによる投票で「全国ベスト10」が選ばれる。

ベスト10作品には、漫画家やくみつるさんが句をイラスト化し書籍にした「サラリーマン川柳 傑作選 第6巻」(NHK出版)とトロフィー、1位にはさらにグルメカタログギフト5万円相当、2〜10位には同1万5000円相当などが贈られる。

なかなか良い川柳が思いつかないという人向けには、応募用紙限定で句の応募なしで参加できる「サラ川穴うめクイズ」を実施。解答者の中から抽選で合計600人に、「SOYJOY(ソイジョイ)」10本セットなどの賞品がプレゼントされる。

第一生命保険ではサラ川特設サイトを開設している。15年の出来事を思い出せるキーワード集や初心者向けに基本をまとめた「サラ川の"トリセツ"」、上位を狙う人向けにやくみつるさんがネタの見つけ方などを伝授する「やく流 サラ川入門」など、川柳づくりを学べるコンテンツを掲載している。

応募締切は12月4日。応募方法などの詳細は特設サイトで。