強引すぎて心配…石原さとみ×山下智久「5時から9時まで」1話

写真拡大

「どうして私の領域にズカズカ踏み込んでくるんですか?」
「もう、レッスン以外で私に関わらないでください!」

女性からきつく言われて、反論もせず視線を落とす……。きっぱり断られて悲しそうな山P、見てられない!

月9ドラマ『5→9 〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系列)が10月12日からスタートした。原作は相原実貴の『5時から9時まで』(フラワーコミックス/小学館)現在11巻まで発売されている。


石原さとみと山下智久、役柄も三十路目前の独身女性とイケメン僧侶とくれば、出会いからつき合うまでの、もどかしいストーリーを想像してしまうが、お見合いしてその場でプロポーズ、しかも断られるって一話目から飛ばしすぎでは?

イケメン僧侶と英会話講師のラブコメディ


石原さとみ扮する桜庭潤子は、表参道の英会話スクール「ELA」で講師として働く29歳。下町の団地に両親と妹の4人で暮らす。ニューヨーク勤務を夢見るも、まだ一度も行ったことがなくて貯金中。

山下智久扮する星川高嶺(たかね)は、都内に広大な敷地を持つ一橋寺の跡取り息子。高学歴、高身長、高収入でおまけにイケメンとくれば、モテモテとなるはずが……。口数は少なく、不器用で真面目というお堅い性格だ。

山Pが僧侶役と聞いて、まず気になったのが髪型。もしや刈ってしまうのでは?という心配もあったが、短めのカットでボリュームを抑えた黒髪。袈裟を着て風呂敷を持つ和風な山Pは新鮮だ。

二人の出会いは家族で参列した葬式。足が痺れた潤子は、焼香台にもたれかかり灰が入った香炉を飛ばしてしまう。祭壇に向かって経読中の高嶺の頭に灰がどっさり……。出会いは最悪だ。

さらに、家族に騙されてお見合いをさせられた潤子。高級料亭の障子を開けると、そこに座っていたのは高嶺。

「おめでとうございます、あなたを私の妻にして差し上げます。これから仲睦まじく頑張っていきましょう」

ぶっきらぼうで一方的、そして一話目からプロポーズという急展開。断って帰ろうとする潤子だが、大好物のカニに誘われて居残る。
カニを頬張って「美味しいー!」と唸る姿に驚く高嶺。礼儀作法に厳しい寺に育った身からすれば、無邪気さが珍しいのか。

英会話スクールだけに……


お見合い、プロポーズに続いて、潤子のクラスを受講することにした高嶺。相変わらず一方的に縁談を進める。日本語禁止といわれれば、英語に切り替えて口説く。潤子も英語で反論。セリフとはいえ、二人とも流暢な英語をしゃべる。

石原さとみといえば、英会話スクールのCMに出演していて、潤子のイメージにぴったり。一方の山下智久も、2014年放送の『大人のKISS英語』(今年7月からは『山Pのkiss英語』)など、英語バラエティに出演中。一回目から外国人女性を英語でスマートにエスコートしたほど英語が得意なのだ。

普段は多くを語らず、感情をあまり表に出さない高嶺だが、英語となると一変する。
『結婚しよう。式は仏式ですので和装ですが、新婚旅行は海外に連れて行って差し上げます。』なんて具合に、饒舌で積極的!

しかし、望んでもない縁談で身勝手な一家に振り回されっぱなしの潤子は「もう、レッスン以外で私に関わらないでください!」とキッパリ断る。高嶺は反論もせずに視線を落として悲しげな表情……。見ている方だって辛い。逆ギレでもしてくれた方がスッキリしたのに。

過去にも饒舌ではない役を演じた山下。2013年放送の月9ドラマ『SUMMER NUDE』の三厨朝日役、もっと遡れば『池袋ウエストゲートパーク』のシュン役もそうだった。表情だけで気持ちを伝えるのは得意とするところだ。

さて、このドラマにはもう一人、ジャニーズのタレントが出演中。大金持ちの息子「渋谷王子」こと、蜂屋蓮司役がジャニーズJr.の長妻怜央。ELAに通う高校生だ。チャラい蜂谷は、パーティーでナンパした女の子を連れ出し、ついでに頬にキス。思わぬところで長妻くんのキスシーンを見ることになるとは……。

好きになったらまっしぐら。できるだけ彼女のそばで見守っていたい気持ちはわかるけど、あまりにも不器用すぎる高嶺。
英会話スクールのトラブルで山奥にいる潤子を迎えにいったところまでは良かったが、送り届けるどころか高嶺の住む広い寺の一角に潤子を閉じ込めてしまう。しかも和錠をガチャン……。ありえないシチュエーションだが、まっすぐで強引なところにキュンとしてしまった。

お見合い、プロポーズ、破談?と一話目から目まぐるしい展開。お互いのことを知らないはずなのに、断られても強引に縁談をすすめようとする。これからどうなっていくの?
(柚月裕実)