秋の気配を含んだ冷たい風が突きつけていた10月5日のナイトゲーム。コボスタ宮城で行なわれたソフトバンク戦で楽天ファンの希望の星がプロ初先発、初勝利を飾った。今年のドラフト1位・安樂智大だ。

 入団時に「1年目から開幕ローテーションを目指します」と語り、チームの先輩である田中将大について問われると、「いつまでも憧れと思っていてはダメ。プロでやるからにはライバル」と言い放った。そんな大きい目標を掲げてシーズンに臨んだ安樂だったが、イースタンリーグで19試合に登板し、4勝1敗、防御率2.57。計49イニングで被安打41、奪三振35、四死球15という内容だった。高卒1年目としては悪い数字ではないが、掲げた目標には遠く及ばない結果となった。

 それでも9月23日のイースタンリーグの西武戦で9回を3安打無失点に抑える好投を見せ、ようやく一軍昇格を果たしたのだった。

 10月5日の試合後、安樂は「勝ててほっとしています」と安堵の表情を浮かべ、次のように語った。

「真っすぐはあまり調子が良くなかったんですけど、高村(祐)投手コーチにも言ってもらったように、指にかかるストレートとかからないストレートがあったから、バッターは狙い球が絞りにくかったのだと思います。指にかかったストレートでファウルや内野フライが取れましたし、球の質はこの1年間取り組んできたところなので、少しは成果があったかなと思っています」

 この日の最速は初回に出た146キロで、2回以降は137〜141キロが大半。高校2年時に150キロ台を連発し、最速157キロまで球速を伸ばしていった姿とは重ならなかったが、その球をソフトバンク打線は捉えられなかった。

 ある記者が、「立ち上がりからストレートで押していましたが......」と質問したが、確かに初回から2回は46球中、変化球はわずか5球。ただ、真っすぐで押しているというより、スライダー、カーブでストライクが取れない"苦肉の策"のようにも思えた。

 事実、安樂も「ブルペンで変化球の調子が良くなかったので、嶋(基宏)さんからも『ストレート中心で行こう』という話があった」と振り返った。要するに、ストレートも変化球も良くなかったということなのだが、それでも抑えられたのは、やはり本人が言うように「ストレートの質」が上がったからなのか。

 質が上がった理由を安樂に尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「いちばん変わったのはフォームです。高校時代はもっと暴れていて、150キロが出ていても棒球というか、生きた球ではありませんでした。でも今は、140キロ前半でも球がビュンってきている感覚があります」

 ただ、安樂の魅力は......と考えた時に、高校時代のあの豪快な投げっぷりを目にし、本人の熱い思いを耳にしてきた者とすれば、プロ初登板の内容には物足りなさが残った。そして、同じ思いをストレートに口にした人物がいた。安樂の父・晃一さんだ。

「ストレートの質が大事なのはわかります。でも、まだ19歳ですから。150キロの棒球といっても......これまで求めてやってきたものはなんだったのか。私は安樂智大の一番のファンだと思っていますけど、初登板のピッチングはワクワクしなかった。『上甲さんとの約束はどこにいったんや!』と言いたいです」

 初登板の夜、母のゆかりさんは愛媛から仙台まで駆けつけたが、晃一さんは勤務先の大阪で仕事を終えた後、スマートフォンの画面で息子のデビュー戦を観戦した。

 晃一さんが言った「上甲さんとの約束」とは、昨年の夏に逝去した済美高の監督・上甲正典氏と安樂が交わした3つの約束を指している。

1. 監督さんを胴上げすること
2. 160キロを出すこと
3. ドラフト1位でプロの世界へ進むこと

 なかでも晃一さんが指摘するのが、2つ目の約束だ。息子のプロ初勝利にホッとした思いを抱きながら、それでも晃一さんが厳しい言葉を続けた。

「ソフトバンクの選手はクライマックス・シリーズを控えていて、ぶつけられでもしたらたまらない。だから、外のストレートにも踏み込んでこなかったですよね。2回、二死満塁の場面で上林(誠知)選手を三振に取ったフォークは、ストレートがよければナイスボールと言ってやりたいですけど、あのストレートでは......」

 プロは球速を競う場ではない。安樂が求める「質」がなにより大事だということは元球児だった晃一さんも理解している。ただ、辛口発言の背景には、これまで歩んできた少年時代からの過程がある。ふたりで壮大な目標を立て、それへ挑みながら成長し、結果を残してきた。

 小学校の頃には「高校で1年生からエースになり、5回の甲子園」と「全国制覇」を掲げた。だから安樂は、高校1年の夏、愛媛大会準決勝で先発し敗れた後、3年生以上に号泣した。その姿を見た晃一さんは「本気で狙っていたのか......」と胸を打たれた。

 その後は、全国制覇を目標に、厳しい練習に耐えた。その中で安樂がなによりこだわってきたのがストレートであり、スピードだった。

 2年夏に157キロを出したあと、大谷翔平(当時、花巻東3年)が160キロを記録し、安樂は「新しい目標ができました」と意気込んだ。しかし、直後の秋に右ヒジを故障。それから150キロのカベを打ち破れずにいる。晃一さんが言う。

「今年、ファームでは一度も150キロを出していないはずなんです。149キロが出たとは聞きましたが......。あれだけ普通に投げていた150キロが出ない。本人に今いちばん聞きたいのは『本当に痛くないんか? 不安はないんか?』ということ。まあ、いずれにしても返ってくる答えはわかっていますけど(笑)」

 5月に甲子園で登板(阪神との二軍交流戦)した際は、晃一さんも観戦し、夜は食事をともにした。しかし、それからしばらくして足首を捻挫し戦線離脱。「あの影響も少しあったのかな」と、150キロに届かない理由について語った。

 ようやくたどり着いた一軍、そして初勝利に安樂は、「すごく長く感じました。入団してから自分のボールが投げられない日が続いていましたし、2〜3年後に出てくればいいと言ってもらっていましたけど、周りの同級生が活躍していく中で、『自分はこんなことでいいのか』という思いもありました」と振り返った。

 晃一さんも、誰よりも負けず嫌いな息子の心情を思い、「西武の高橋(光成)選手があれだけ活躍して、イースタンで本塁打を打たれた巨人の岡本(和真)選手も一軍、チームメイトの小野(郁)くんも150キロを超えるボールを投げている。それは本人も思うところがあったのでしょう」と思いやった。

 だが、安樂が語った「初登板が決まってからは、いろんな方に『お前らしくいけ』と言われました。自分の取り柄はストレート。もっと磨きたいと思ってやってきました。その成果は、少しは出たのかなと思います」の言葉に、晃一さんは首を振った。

「お立ち台でね、『今年は150キロを出せませんでしたが、来年は150キロを出します。いや、158キロ(自己最速)を出します』と、それくらいのことを言ってほしかった。彼が今、どこを求めているのか。ストレート、スピードにこだわって、その上で、プロに通用する質を求めてほしい。それでこそ安樂智大なんです。こんなことを言うと、彼に嫌がられるでしょうけど。でも、私ぐらいしか言う人がいませんから」

 オフにふたりが顔を会わせた時には激しい攻防戦が繰り広げられそうだが、勝負の来シーズン、安樂は父を納得させるボールが投げられるのだろうか。

谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro