生き方―人間として一番大切なこと

写真拡大

2015年は、「スーパーマリオブラザーズ」が30周年、「ドラえもん」は誕生45周年、夏の甲子園が100周年など、節目を迎えたロングセラーや伝統行事が話題になっている。長く愛され、成功を勝ち取るには、それなりの理由があるというもの。今回は生き方や成功の秘訣を教えてくれるHOW TO本を3冊ご紹介。

J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ」でも特集記事を公開中。

成功するには必ず理由がある。先駆者の生き方を学び、未来の自分を創造する

京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業した著者が、その成功の礎となった「人生哲学」を語りつくした『生き方―人間として一番大切なこと』(著・稲盛和夫、1836円、サンマーク出版)。経営も人生も、成功の秘訣は「人間として正しいこと」を追求し、徹底することだという。

「混迷の時代だからこそ生き方を問い直す」「寝ても覚めても強烈に思いつづけることが大切」「考え方のベクトルが人生すべての方向を決める」「どんなときもありがとうといえる準備をしておく」「因果応報の法則を知れば運命も変えられる」など、全5章で稲盛式成功の方程式を紹介。

夢をどう描き、どう実現していくか? 人間としてもっとも大切なこととは何か? など

成功の秘訣がここにある。

何をしても満足を得られない人必見の生き方リセット術

"間食はせず、食事を存分に楽しむ。上質な物を少しだけ持ち、大切に使う。日常のなかに、ささやかな喜びを見つける"。お金をかけずに、生活を心から楽しむ方法が満載の『フランス人は10着しか服を持たない〜パリで学んだ"暮らしの質"を高める秘訣〜』(著・ジェニファー・L・スコット 訳・神崎朗子、1512円、大和書房)。カリフォルニア生まれの著者スコットさんが、フランスの貴族の末裔の家にホームステイした際にマダムから学んだのは、毎日を"特別な日"のように生きること。

本書では、「食べる喜びをガマンしない」「ノーメイクみたいにメイクする」「いつもきちんとした装いで」「いちばんよい持ち物をふだん使いにする」などアメリカ人のスコットさんが異国で感じたことを彼女ならではの視点で語っている。

厳選されたものに囲まれてシンプルに暮らす。明日から真似してみたくなる生き方のヒントが満載だ。

ロングセラーを生み出す、マーケティングの本質を解き明かす

驚異的ヒットをおさめた『ビリーズブートキャンプ』。2006年に発売したこのエクササイズDVD は、150万枚の売り上げを誇り、社会現象をもたらした。『ロングセラーを呼ぶマーケティング』(著・ハリー・A・ヒル、1512円、幻冬舎)は、この『ビリーズ...』について、爆発的ヒットにもかかわらず、ブームが去ったら見向きもされなくなったことを指摘し「大失敗だった」という。著者のヒル氏は『ビリーズ...』を世に出した「ショップジャパン」を展開するオークローンマーケティング社長。

どうしたら一発屋の大ヒット商品ではなく、ロングセラー商品をいくつも生み出すことができるのか。同書でヒル氏は「爆発的大ヒットに潜む経営の落とし穴」「ケーススタディに学ぶ"ロングセラーを呼ぶ法則"」など、商品開発や宣伝、販売などのマーケティング手法を徹底紹介している。