ロッベンはCLに間に合わず…レヴァンドフスキ&コマンは遠征メンバー入り

写真拡大

▽バイエルンに所属するオランダ代表FWアリエン・ロッベンは、20日に行われるチャンピオンズリーグのグループF第3節、敵地でのアーセナル戦を欠場することになった。一方、負傷の影響が心配されたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキとU-21フランス代表FWキングスレー・コマンは遠征メンバーに含まれている。

▽9月に行われたユーロ2016予選のアイスランド代表戦で左足の内転筋を負傷したロッベンは当初、今回のアーセナル戦での復帰を目指していたが、練習には復帰しているものの遠征メンバーに含まれることはなかった。

▽しかし、17日に行われたブンデスリーガのブレーメン戦でヒザを痛めたレヴァンドフスキと、U-21欧州選手権予選で大腿部を痛めていたコマンは、今回の遠征メンバーに含まれており、戦力として計算できるようだ。

▽バイエルンとポーランド代表における最近の6試合で16得点を挙げているレヴァンドフスキは、「100%フィットしている。良い感覚だよ」と語り、出場に向けて何の問題もないことを強調している。