写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アドウェイズはこのたび、スマートフォンアプリ向け効果測定システム「PartyTrack(パーティートラック)」と、セールスフォース・ドットコム(以下、セールスフォース)が提供する運用支援ツール「Social.com(ソーシャルドットコム)」を活用したInstagram「アプリインストール広告・リンク広告」の提供を開始した。

「PartyTrack」は、1つのSDK(Software Development Kit : ソフトウェア開発キット)で、自然流入及び広告経由それぞれの月別・日別・時間別インストール数の解析や、ROAS(Return On Advertising Spend : 広告費用対効果)、LTV(Life Time Value : 顧客生涯価値)などさまざまな効果指標の分析を行うことができる。

一方「Social.com」は、広告キャンペーン管理のためのプラットフォームで、FacebookやInstagram、Twitterといったグローバルオーディエスプラットフォームにおける広告配信や、あらゆるチャンネルやデバイス、モバイルアプリにおける広告展開を可能にする。

アドウェイズと「PartyTrack」は、Facebookが認定する「Facebook Marketing Partners」における効果測定分野のパートナーとして認定されており、Facebookのモバイルアプリ向け広告サービス「Mobile App Install Ads」にて、Instagramに配信した場合にもインストール数の解析やROASの分析などを行うことができるという。

今回、「Social.com」を導入することで、入稿に関わる時間の短縮を実現。アドウェイズが培ったノウハウと合わせることで、細分化したキャンペーンの分析・効果測定を効率的に実施し、ターゲット層に効果の高い要素を早期に抽出、それを基に新たなクリエイティブを作成し運用することで、効率よくCPIを低減しROASを最大化する。