瀬戸山球団本部長は明言せずも、頭に描く1位候補は青学大・吉田?

 10月22日のドラフト会議に向け、オリックスの動きが慌ただしくなってきた。中継ぎ、抑えを固定出来ずに今季はリーグ5位。即戦力投手を指名するかと思われたが、ここにきて状況が変わってきた。

 10月16日、ほっともっとフィールド神戸。瀬戸山球団本部長、加藤編成部長らが集まり編成会議が行われた。大方の予想ではドラフト1位候補は大商大・岡田、駒大・今永、明大・上原らが有力とされていたが、瀬戸山球団本部長は「うちは攻撃力が弱い。春先から即戦力野手を取りたいと考えていた。4番を打てる打者が欲しい」と明言。名前こそ挙げなかったが、頭の中に描いている選手は青学大・吉田だった。

 今季はリーグ2位のチーム防御率3.59をマークしたが、打撃面を見てみれば打率2割4分9厘、519得点はリーグ5位。チャンスを作りながらあと1本が出ない場面が非常に多く、攻撃力に課題を残していた。

 中島、小谷野、ブランコら大型補強を決行したが、自前の和製大砲が育っていないのが現状だ。プロ10年目のT−岡田が過去に本塁打王を獲得するなどチームの顔に成長したものの、それ以外の若手選手は駿太、西野といったアベレージタイプの打者が目立つ。

吉田を指名すれば1本釣りの可能性が高いが…

 フロント陣がドラ1候補に挙げた吉田は身長こそ172センチと小柄ながら、打撃に関してはアマチュアNO1と言っても過言ではない。直球、変化球にも対応できるミート力にソフトバンク・柳田ばりのフルスイングでボールを捉える技術も持ち合わせている。

 高校は福井の名門・敦賀気比高校。通算52本塁打を放つなど高校時代からプロの注目を浴びていた。大学では日本代表の4番を務め、8月26日に甲子園で行われたU−18日本代表との壮行試合では2打席連続本塁打を放ちスカウトたちをうならせた。

 他球団のドラフト戦略を見てみると…

 楽天 仙台育英・平沢
 日本ハム 県岐阜商・高橋
 西武 富士大・多和田
 ヤクルト 明大・高山

 この4球団は、現状1位指名選手が濃厚となっている。その他のチームも大学、社会人の即戦力投手、東海大相模・小笠原、驚異の身体能力を誇る関東第一・オコエらの指名が予想される。

 仮にオリックスがこのまま青学大・吉田を指名すれば一本釣りに成功する可能性は非常に高くなるだろう。だが、筋書き通りにいかないのがドラフトだ。当日は裏の裏をかいたビックリするような選手の名前が挙がっているかもしれない。