カラフルな急須

写真拡大 (全12枚)

「海外で自分の商品を見ると涙がでてくるんです。それは何回見ても同じ。その次に浮かんでくるのが社員の顔です。(現地の様子を)写真を送ることはできるんですが、実際に海外に連れてって見せてあげたいですね。私にも子供はいるし、社員皆にも親がいる。一人ひとりを大切に思っていい製品づくりをしていきたいです」

 そう語るのは岩鋳の代表取締役副社長の岩清水弥生氏だ。盛岡駅から約15分ほどのところに本社を構える岩鋳。明治35年に創業し、100年以上にわかって南部鉄器の伝統を守り続けている老舗である。重厚感にある鉄瓶は1から10まで手作業で、道具のハケも草から作る。一人前になるまでに10年はかかるという。本社の横には見学コーナーが設置されており、実際の製作工程を見ることができる。

 今でこそ知らない人はいないといわれるほどの工芸品を作り続けている同社だが、時代の影響をもろに受けてきた。盛岡はもともと観光業が栄えていた地域であもある。弘前、角館などに行く目的の人たちが盛岡で下車し、岩鋳にも来てくれたという。しかし、新幹線が青森まで伸びると盛岡は通過点に。そして東日本大震災で大きく減少した。「こんなに広くしたのは観光のお客様のためなんですよ。今困ってるんですよ」と、岩清水氏は笑いながら話す。

 「これから国内の売上げは減っていきますか?」、そう聞くと「あぁ、もちろんそれはそうですね」と岩清水氏は即答する。しかし、それでも同社が生き残っているのは現実を見ながら時代に合わせた経営を行ってきているからだろう。

 「私共は伝統工芸品に認定されている鉄瓶作りからはじまったんですけど、しだいにアルミや色んな素材がでてきて、鉄はおされてきました。それが昭和30〜40年くらいでしょうか。それで鉄瓶だけでは負けてしまうということで、当時で言えばすき焼き鍋などの鍋作りや灰皿などを手掛けました。ある程度大量生産可能な機械も導入しました」(岩清水氏)

 現在では現在の感覚に合わせたお洒落なキッチンウェアや急須も注目されている。「例えばすき焼き鍋はテフロンよりも油の浸み込みも良くふっくらと焼けるんです」と岩清水氏はアピールする。相次ぐ注文に生産は大忙しで、今から申し込んでも1年待ちの状態。鉄瓶は店にもないという。

 しかし、もっと驚かされるのは、売り上げの半分が海外であるという点だ。もともとフランクフルトのイベントなどに出展して海外向けにアピールしていたことはあったが何故人気がでないのかわからなかったという。当時は普通の黒い急須を出品していた。

 輸出が伸び出したのは20年前。きっかけは、フランスの客が急須を黒ではなくもっとカラフルなフランス人好みの色で作って欲しいと言われたことだ。その客というのは紅茶メーカーだった。紅茶と一緒に販売したり、もてなしに使う「新しい素材を探していたのではないですかね」と岩清水氏は振り返る。ただし、色をつけるということは単純な作業ではない。季節や温度の違いによって色のノリが違い、少しでも気を抜くと同じ青でも求められている青と異なる色になってしまう。「伝統工芸に、これまでとは違うカラフルな色を加えるということに反発はなかったです。しかし作っている方にしてみれば、一生懸命に作ったのものが、果たしてこんな色で売れるのだろうかという不安は随分あったと聞いてます」。結局、口コミで評判が広がり、今では岩鋳が急須や南部鉄器の代名詞になっているほどだ。価格は海外では倍になっている。にもかかわらずインテリアとしてではなく、生活のなかで実際に使われている。また、海外では1個でなく2〜3個所持しているファンもいる。クリスマスシーズンの贈答品としての需要もものすごいという。岩清水氏は「色をつけてくれという依頼を断っていたら、今の私たちはなかったと思いますね」と話した。