「イスラム国」の戦闘員40人が死亡 米国主導の空爆ではないとの見解

ざっくり言うと

  • 18日、シリアで「イスラム国」の車列を狙った空爆が発生した
  • 北部ラッカからハマ県に向かっていた車両16両が爆破され、戦闘員40人が死亡
  • 空爆は「米軍主導の有志国連合ではない」と監視団の代表は見解を示した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング