EURO2016本大会に出場したトルコ代表【写真:Getty Images】

写真拡大

 EURO2016予選を勝ち抜き本大会出場を決めたトルコ代表だが、わずか1.2%の確率を制しての突破だったことがわかった。17日、トルコ『ラジカル』が報じている。

 トルコは予選全グループの3位のうち最高成績チームとなったため、プレーオフを免除され本大会出場が決まった。しかし、そのためにはクリアしなければいけない条件が7つあったのだ。

 同メディアはその確率を次のように分析している。以下は、第9節を終えた時点での条件となる。 ※()内は同局が算出した確率

1)デンマーク代表がポルトガル代表に勝利しないこと(66.6%)
2)スロベニア代表がリトアニア代表相手に引き分けもしくは敗北すること(23.3%)
3)スロバキア代表がルクセンブルク代表に勝利すること(90.9%)
4)ポーランド代表がアイルランド代表に勝利すること(58.8%)
5)スペイン代表がウクライナ代表に勝利すること(52.6%)
6)トルコがアイスランド代表に勝利すること(80%)
7)カザフスタン代表がラトビア代表に勝利すること(35.5%)

 以上の条件が全て実現する可能性は83分の1。実に1.2%の確率だった。

 カザフスタンはアウェイで15試合未勝利が続いていたが敵地でのラトビアに勝利し、アイスランドと対戦したトルコはセルチュク・イナンが後半アディショナルタイムに決勝点を決める劇的な展開となった。

 7つの奇跡が重なってEURO2016出場を叶えたトルコ。本大会でも幸運を味方につけて躍進することはできるのだろうか。

text by 編集部