日本初上陸!ローマで人気のピンサの専門店「ピンサ・デ・ローマ」が原宿にオープン

写真拡大 (全4枚)

ローマ生まれの新しいグルメ“pinsa(ピンサ)”って、知っている? これは、古代ローマ時代に使われた食器代わりの平らなパンに、さまざまな具をのせてかまどで焼いたもので、ピザに似たグルメ。小麦粉に米粉と大豆粉を加えて作るピンサの生地は、ピザより軽い食感で消化もよくてヘルシーと、ヨーロッパを中心に世界で大流行中なんだとか。

そんな中、ローマ生まれのピンサの専門店「PINSA DE ROMA(ピンサデローマ)」が、2015年10月10日(土)に原宿に初上陸。さっそく広報担当の大山さんに詳しく聞いてきた。

店内に入ると、ショーケースにずらりとさまざまなトッピングのピンサが並ぶのが目に入る。食べたいものを選んで注文してから、専用のオーブンで焼き上げてくれるそう。焼き上げた状態でも焼き上げる前の状態でもテイクアウトできるから、戸外の昼食や自宅での食事など、用途に合わせて選ぼう。
同店でいただけるピンサは、フード系10種類とデザート系2種類に、旬の素材を使った「本日のピンサ」1種類の計14種類。添加物を使わずに伝統製法で作るイタリアのメーカー『PONTICORVO(ポンティコルボ)』のチーズをはじめ、イタリア産の食材にこだわっているそう。ピンサのおいしさを理解するために、まず味わうべきメニューは?

「ローマで一番人気のメニュー『イタリア産モルタデッラとピスタチオ』(1400円)です。モッツアレラチーズとリコッタチーズ、イタリアの伝統的なソーセージであるモルタデッラをのせたもので、“モルタデッラ”は、イタリア、エミリア・ロマーニャ州の州都ボローニャで伝統的につくられてきたソーセージ。ほどよい塩味とソフトな食感が特徴で、クラッシュしたピスタチオとの相性が抜群です」(同)


また、外側はカリッと内側はふんわりした生地のおいしさをフルに味わうには、モッツァレラとバジルをトッピングした「ブッファラ」(1200円・写真)もおすすめ。このほか、ズッキーニ、ナス、プチトマトなどの野菜がふんだんにのった「オルトラーナ」(1000円)や「パルマ産生ハム、ホワイトマッシュルームとジェノベーゼ」(1400円)など、イタリアならではのおいしい組み合わせがさまざまいただける。


さらに、フルーツをのせたデザート仕様のピンサも2種類あるのも嬉しいところ。イチゴの赤が鮮やかな「苺とレモンクリームヨーグルト」(1000円・写真)は、レモンクリームヨーグルトとチョコレートチップをトッピングした一品で、酸味と甘味が絶妙なバランス。

もう一品の「林檎とハチミツ」(1000円)は、スライスしたリンゴを敷き詰めたピンサ。生地にはアプリコットジャムとはちみつを塗り、リンゴの上にはシナモンとブラウンシュガーを振りかけたこちらは、全体的にさわやかな甘さが特徴。

「イタリアのビールやソフトドリンクなども用意しているので、お好みのピンサと一緒に味わってください。特に食後には、ナポリのコーヒーメーカー『KIMBO』の豆を使った『エスプレッソ』(250円)がおすすめです。濃厚なコクと香ばしい香りですっきりします」(同)

「モッツアレラと彩り野菜のサラダ」(400円)や「季節のカットフルーツ」(350円)といったサイドメニューもあって、手軽なランチにも便利。新上陸のヘルシーなピンサ、グルメな女友達や彼と話のネタに試して。