青山でボサノヴァを楽しむ無料ライブイベント「BOSSA AOYAMA 2015」

写真拡大

毎年、青山周辺でブラジル音楽・ボサノヴァのフリーライブが楽しめるイベントが開かれていることを、知っていた? 日本とブラジルの交流移住100周年と、ボサノヴァ誕生50周年を祝って始まったイベントも、今年で8回目。今では、地域のお祭り「青山まつり」の目玉イベントのひとつとして、秋の恒例行事に。

2015年10月30日(金)から11月1日(日)までの3日間、青山一丁目駅や外苑前駅、表参道駅の周辺施設6カ所で、「BOSSA AOYAMA 2015(ボッサ・アオヤマ)」が開催される。13時から20時の間に開かれるライブは、合計14回。それぞれ演奏時間40分程度で、店内や施設のロビーなどの限られた空間で、ゆっくり座って演奏を聞く形式。

1950年代後半にブラジルで生まれたボサノヴァは、ポルトガル語で「新しい感覚」という意味。ブラジルの伝統的なポピュラー音楽として知られるサンバが、「新しい感覚」で洗練されたものだそうで、心地よいリズムと優しいメロディは、秋の音楽鑑賞にぴったり。

「ボサノヴァはもともとラテン系の音楽なので、軽やかなリズムに乗って楽しんでいただけると思います」と、広報担当者さん。
10月30日(金)の19時から、外苑前の日本オラクル株式会社・本社2階にある「オラクルスカイロビー」で開催される無料の「オープニングスペシャルライブ」では、ボサノヴァユニット「naomi & goro(ナオミ・アンド・ゴロー)」が登場。

作曲家・ボサノヴァギタリスト・音楽プロデューサーとして活躍する伊藤ゴローさんと、ギター・ヴォーカルの布施尚美さんという実力派コンビが、ボサノヴァの名曲「イパネマの娘」などを披露する予定とか。


また、10月31日(土)には、ボサノヴァ・ギターの第一人者・木村純さんと著名アーティストのツアーメンバーなどで活躍するAndy Suzukiさんのユニット「木村純 with Andy Suzuki」(16時30分:COMMUNE 246、19時:オラクルスカイロビー)をはじめ、全部で7組が登場する。

本場・ブラジルからも、ミュージシャンが来日するとか。注目は、ブラジルの人気オーディション番組「The Voice(ザ・ヴォイス:ブラジル版)」で2012年に優勝したシンデレラ・ガール、Ellen Oleria(エレン・オレリア)さん。11月1日(日)19時から「オラクルスカイロビー」で開催されるライブに登場する。

「エレンさんはブラジル大使館イチオシのシンガーで、本国でも人気だそうですよ。包み込むような優しい歌声をぜひ生で聴いてください」(同)

これまであまりボサノヴァを聴いたことがないという女子も、青山の街を散策しながら気軽にライブが楽しめるこの機会に、足を運んでみては。知らなかった、お気に入りの曲に出会えるかも。