岩清水梓【写真:Getty Images】

写真拡大

 プレナスなでしこリーグ1部のエキサイティングシリーズ上位リーグ第2節が18日に行われ、首位の日テレ・ベレーザは浦和レッズレディースに1-2で逆転負けを喫した。

 2位以下を突き放す上でも勝利が欲しかったベレーザ。キャプテンの岩清水梓も悔しさを滲ませたが、「今日負けたが、幸いにもまだ首位というのはプラスに捉えたい」と前を向いた。

 次節対戦するアルビレックス新潟レディースは、レギュラーシリーズ唯一の黒星をつけられた相手だ。

「浦和と同じようにハードワークしてくる。今日負けてしまったのをいい材料にしたい」と、この日出た課題をクリアしてアウェイに乗り込むつもりだ。

 また、岩清水の実弟がクラブスタッフとして在籍する湘南ベルマーレが、17日のFC東京戦に勝利しJ1残留を決めた。

 時間があればスタジアムに駆けつけている岩清水は「昨日の味スタも行ってましたよ」と現地で湘南の勝利を見届けたという。

「目の前でいいゲームを見られて、すごく楽しかったです。残留おめでとうございます」と祝福した。

text by 編集部