▽18日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の磐田(2位/勝ち点66)vs札幌(9位/勝ち点48)は、ホームの磐田が3-0で快勝した。

▽2戦連続ドローで3位の福岡(勝ち点64)との勝ち点差が「2」に縮まっている磐田は、ホームに連勝中の札幌を迎えた。なお、前節の水戸戦での退席処分で1試合ベンチ入り禁止の名波監督に代わって、この試合では鈴木ヘッドコーチが監督代行を務めた。

▽昨年10月17日に亡くなったクラブOBの奥大介氏(享年38)を偲んでベンチに同氏が現役時代に着用した背番号8を飾ってこの試合に臨んだ磐田は、序盤から攻勢を見せるも、ゴールレスで前半を終えた。

▽だが、迎えた後半に奥氏と同じ背番号8を背負うジェイが魅せる。55分、右サイドの太田が入れたハイクロスを持ち味の豪快なヘディングで合わせ、待望の先制点をもたらす。さらに66分には左サイドのアダイウトンの突破からボックス右で小林のパスを受けると、現役時代の奥氏を彷彿とさせるテクニカルな仕掛けでGKの股間を抜くシュートを決め、追加点を奪取した。

▽その後、試合終了間際にジェイに代わって投入された森島のゴールで3点目を奪った磐田が、指揮官不在の中で天国の奥氏に捧げる大勝を飾った。得点ランキング独走(19ゴール)となるジェイの大活躍で3戦ぶりの勝利を収めた磐田が、この日敗れた首位大宮との勝ち点差を「6」に縮めた。