<富士通レディース 最終日◇18日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 晴天に恵まれた「富士通レディース」最終日。今週の13日に28回目の誕生日を迎えたテレサ・ルー(台湾)が、完全優勝でイ・ボミ(韓国)と並ぶ今シーズン最多タイの5勝目を挙げた。
今季ここまでのテレサ・ルーを写真館で振り返る!
 ここまでの日本ツアー8勝の内、最終日の首位スタートは僅かに一度。それも同スコアで並ぶ選手がいてのものだった。「私自身追いかけるほうが好きですね」というだけあって逆転優勝に定評がある選手だ。
 だが、メジャー3冠の実力者は逃げても強かった。4打差をつけて迎えた最終日でも「すぐ埋まる差ですから」と意識することなくティオフ。逃げ切るという気持ちはなく「どこまでスコアを伸ばせるか。自分へのチャレンジの気持ち」でスタートした。
 そんな攻めの姿勢はバーディへと結びついたが、当然ボギーのリスクもある。それでも、キャディから「負けても良いから自分のゴルフに集中しなよ」と声をかけてもらい、攻めの姿勢を崩さなかった。
 中盤、「自分のミス」と連続ボギーで2打差に迫られたが16番パー5。残り224ヤードからのセカンドショットを左4.5メートルにつけると、この大事なパットを落ち着いて沈めてイーグル奪取。終盤で相手に大きなプレッシャーをかけると、渡邉のバーディパットは決まらず、再び4打差として勝負あり。影を踏ませぬ逃亡劇で今季5勝目を飾った。
 これで「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」に続く今シーズン5勝目。「私のゴルフ人生で一番多い優勝回数ですね」とご満悦だ。
 だが、ルーのチャレンジが終わることはない。「今、良いゴルフができています。残りのシーズンでどれだけ勝てるか頑張りたい」。残すは欠場を予定している「樋口久子 Pontaレディス」を除く5試合。越えるべきライバルは自分。挑戦者の気持ちでクラブを握り続ける。
<ゴルフ情報ALBA.Net>