▽18日に行われた明治安田生命J2リーグ第37節の横浜FC(16位/勝ち点43)vs京都(19位/勝ち点39)は、0-0の引き分けに終わった。

▽元日本代表FW三浦知良が2戦ぶりに先発出場を果たし、J2最年長出場記録を48歳7カ月22日に更新した横浜FC。3試合ぶりの勝利を目指した横浜FCだったが、17分にその三浦が競り合いの場面でもも裏を痛めて、21分に野村との交代を強いられた。

▽一方、7戦連続ドロー中の京都は25分過ぎにカウンターからボックス内に進入した駒井にシュートチャンスも、わずかに枠の右に外れた。さらに34分にも右サイドのクロスに反応した駒井に再びシュートチャンスも、ここも決めきることができなかった。

▽迎えた後半も試合は京都ペースで進む。前半同様に駒井の個人技を生かした攻めでゴールに迫るも、あと一歩届かない。

▽試合終盤にかけても拮抗した展開が続くが、互いに最後の精度を欠く。京都は途中出場の大黒に2度の決定機も、相手GKの好守に阻まれる。対して横浜は後半終了間際にゴール前の大久保に決定機も、ここは相手の決死のブロックに阻まれた。結局、試合はこのままゴールレスでタイムアップ。押し込みながらも勝利を逃した京都は、2004シーズンに水戸が記録したJ2最長記録に並ぶ8戦連続ドローとなった。