原子力をビジネスにするスタートアップが「デザイン」に託したもの

写真拡大

原子力産業を世論に浸透させようとするとき、なにが必要なのか? 核廃棄物の活用を発想し、ピーテー・ティールのファンダーズファンドも投資する米スタートアップが頼ったのは、デザインの力だった。

「原子力をビジネスにするスタートアップが「デザイン」に託したもの」の写真・リンク付きの記事はこちら

ここで、簡単なアンケートをひとつ。「原子力エネルギーについて、どう思うだろうか?」

あなたが米国の84パーセントの人と同じであれば、原子力は「未来にとって非常に重要だ」と答えるはずだ。これは、原子力エネルギー協会が行った、最近の電話アンケートによるものである。

ところで、その結果には興味深い注意書きが含まれている。「原子力エネルギーが、米国の低炭素電力[風力や水力、太陽光、地熱など、二酸化炭素排出の少ない発電]の3分の2近くを生成していることを知らされた途端」、84パーセントの人が原子力に賛同すると答えたというのだ。言い換えれば、人々は原子力エネルギーのアイデアを良いと思うようだ。原子力について、もっと知りさえすれば。

マーク・マッシーとレスリー・デュワンの2人が、自分たちの原子力エネルギー会社、Transatomic(トランスアトミック)社を設立しようと動き始めたとき、彼らはこのことを知っていた。

マサチューセッツ工科大学 (MIT) のニュークリアサイエンス科の卒業生2人は、湧き上がる野望を抱いている。つまり、1960年代に最初のプロトタイプとしてつくられた原子炉を復活させようとしているのだ。そして、それによって、21世紀のクリーンエネルギーへの転換への強い楽観主義的な展望を、世論と分かち合いたいと考えているのだ。

ピーター・ティールFounders Fund(ファンダーズファンド)から資金を得たマッシーは、「そのためには、ロゴやヴィジュアル言語には、原子力エンジニアがデザインしたようには見えない物を使うべきだと、思いました」と言う。

2人は自分たちのビジネスを大手デザインスタジオ、IDEOにもちこんだ。当時、マサチューセッツ州ケンブリッジに住んでいた2人にとっては、便利なことにIDEOは近所でもあったのだ。

TAG

DesignEnergyIDEONuclearWIRED US

多くの人にとって困難なテクノロジーを、いかに伝えるか。IDEOが手がけたウェブサイトのデザインが期したのは、詳細を明らかにしながら信頼を得るための工夫だ。

IDEOのデザインディレクター、ニック・デュペイによってまとめられたアイデアは、「明確さ」が大いに関連している。

「原子力エネルギーの裏にある科学的な事物を考えると、非常に取り扱いにくいものになります」と、デュペイは言う。そしてそれにはマッシーも同意する。

「数字を並べたり、テクノロジーの完全な技術的利点について話している方が、よほど簡単です。純粋な技術論よりも、もっと多くのものが必要なんです。それは人の顔、そして人の声です」

彼らのソリューションは、古きよき昔ながらのウェブサイト、ロゴとブランドのBI(ブランド・アイデンティティー)ブックである。サイトはWarby Parker(ワービー・パーカー)のサイトのようでさえあって──ショッピングだってできそうだ──、原子力の歴史とともに、彼らがいまなにをやっていることを伝えてくれる。専門的なページもあって、「そこでは、詳しいことが分かるとともに、この2人がエキスパートだと知ることで安心感を得ることになります」と、デュペイは言う。

使用されているロゴは、ポール・ランドに影響を受けた「レトロ」な造作が特徴的だ。IMAGE BY JEFFREY OLINGER, ARCHITECT

テクノオプティミズムの復活

トランスアトミックのテクノロジーは「複雑」だ。あなたが原子力物理学者でない限り、原子力エネルギーのテクノロジーの多くは、理解するのが困難だ。

そして、マッシーとデュワンのとろうとするアプローチは、さらに複雑だ。この業界では、ほとんどの場合、原子力発電所でエネルギーを生成するには軽水炉が用いられる。しかし、トランスアトミックは融解塩炉を使用するがこの概念自体は、1950年代に、テネシーのオークリッジ国立研究所で始めてテストされた。

このレトロともいえる着想が、IDEOがつくったロゴマークにもつながっている。そのロゴは、お気楽なバブル文字のようだが、デュペイには当初から、ポール・ランド[1956年に手がけたIBMロゴでつとに知られる]のことが頭にあったという。ランドは、当時下降気味だった電力会社、ウェスティングハウス[1886〜1999]のアイコンをつくったが、そのとき彼には、信用と権威を犠牲にすることなく「テクノロジー会社を人格化する」ということにおいて、強い直観をもっていた。

ランドが手がけたウェスティングハウスのロゴ。The Westinghouse Sign by Richard Huppertz - Collection of Richard Huppertz.

「ランドのことを考えるとき、ぼくはいつも50〜60年代のテクノオプティミズムのことを思うのです」と、マッシーは言う。「あの時代には、ぼくらが取り戻そうとしている何かがあると思うのです」

「50年代には、技術的進歩とともに、未来に対する、原子力産業への楽観主義的な思想がありました。それはもう消えてしまったのでしょう、しかし、テクノロジーが現代をよい方向へと更新する、人間性とが混在となった空気を、とらえたいのです」

BIブックには、彼らがイメージした発電プラントも描かれている。IMAGE BY JEFFREY OLINGER, ARCHITECT

TAG

DesignEnergyIDEONuclearWIRED US