デジタル一眼で培ったノウハウを注ぎ込んだ充実のカメラ機能

写真拡大

ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォン(スマホ)「Xperia Z5(エクスペリア・ゼットファイブ)」をNTTドコモ(機種名「SO-01H」)では2015年10月下旬、au(KDDI)(同「SOV32」)では10月下旬以降に発売する。

背面にマット感のあるフロストガラス使用、繊細な上質感

約5.2型フルHD(1920×1080ドット)液晶を搭載。背面に艶消し処理を施したマット感のあるフロストガラスを使用し、繊細な上質感を表現。電源ボタン部に指紋センサーを搭載し、簡単にロック解除できる。

カメラ機能は、高解像度撮影が可能な2300万画素のイメージセンサー「Exmor RS for mobile」を搭載。位相差方式・コントラスト方式を併用した「ハイブリッドAF(オートフォーカス)」を採用し、スマホ世界最速だという0.03秒のAF速度を実現。24ミリ広角レンズを採用し広範囲撮影が可能なほか、画像処理エンジン「BIONZ for mobile」による約5倍ズームを備える。

別売のヘッドホン「MDR-NC750」を装着することで、ハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源再生とデジタルノイズキャンセリングを両立。バッテリー容量は2900mAh。OSは「Android 5.1」をプリインストール。ホワイト、グラファイトブラック、ゴールド、グリーンの4色。