エイバル【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

平均パス成功率はリーグ断トツ最下位の68%

 リーガエスパニョーラ第8節、乾貴士の所属するエイバルはホームでセビージャと対戦。昨季のヨーロッパ・リーグ王者を相手に1-1で勝ち点1をつかんだ。チームの技術的な質は、ヨーロッパトップリーグのものではないものの、今季開幕から好調をキープ。その要因を探る。

ーーーーーー

 昨季20チーム中18位。本来であれば、今季を2部リーグで迎えるはずだったエイバル。しかし、13位のエルチェが経営面の問題で2部降格処分となったことから、繰り上げで残留。その“棚から牡丹餅”ともいえる幸運に恵まれたクラブに乾貴士が加入した。

 しかし、新シーズンでの戦いを幸運で乗り切れるほど甘い世界ではない。スタジアムの収容人数は6267人で年間予算は約4億円。バルサやマドリーのみならずバレンシアやアトレティコでも1人の主力選手も雇えない台所事情だけにシーズン前の予想では、やはり降格の有力候補ともいえる存在だったはずだ。

 ところが、グラナダとビルバオを相手に開幕2連勝を遂げ、第7節を終えた時点で3勝2分け1敗の勝ち点12で7位、10得点6失点の得失点差プラス4は十分に好発進といえるだろう。

 ただ、試合内容を見ると選手の質は決して上手いとは言えない、というより一言に“下手”と言い切れるものだった。

 チームの今季のスタッツを見ると、パス成功率は断トツで最下位の68%。その上がグラナダ、ビルバオ、ビジャレアル、レバンテの74%であり、トップがレアル・マドリーの88%であることからも、この68%は極端に低い数字だとわかる。

 さらに平均の支配率も45%で最下位であり、今回セビージャをホームに迎えた一戦でも支配率38.9%にパス成功率66%と実に苦しい数字となっていた。金銭事情にしろ、選手の技術的な質にしろ、欧州4大リーグのトップディビジョンで戦えるような状態ではない。

 それでも結果は1-1。セビージャが今季2勝2分け3敗の勝ち点8で12位、7得点11失点で得失点差マイナス4だとしても、昨季のヨーロッパ・リーグ王者を相手に勝ち点1は十分な成果だろう。

がむしゃらな姿勢と高い枠内シュート率

 そして、パスやドリブルといった技術的な質以外の部分を見ると、この好スタートの要因が見えてくる。

 まず、エイバルの試合を観ていて感じるのは、何よりも「がむしゃら」であること。現代では徐々に変化しつつあるものの、やはり華麗な攻撃サッカーというイメージの付いているスペインにおいて異質とも感じられるスタイルを見せている。

 そのファイティングスピリットはデータにも表れており、イエローカードは28枚でヘタフェと並ぶリーグトップ。それでもレッドカードはゼロ。そしてインターセプト163回(リーグトップ)、ブロックショット21回(11位)、クリア240回(2位)を合計したディフェンシブ・アクションは424回で断トツのトップ。

 何より重要なのは、これだけ守備に奮闘していながら、失点につながったミスはわずか1回。当然ながらリーグで最も少ない数字となっている。

 そういった守備面での奮闘はセビージャ戦でも光っており、23回のタックル、20回のインターセプト、33回のクリア、19回のブロック、そして16回のファウルでイエローは2枚。9回のファウルでイエロー3枚のセビージャと比べると、守備の精度は高い。

 そして、その守備の奮闘を勝ち点に変えているのが枠内シュート率でリーグ2位の54%というシュート精度の高さだ。当然のことながら、平均支配率45%ではなかなかチャンスは作れず、チャンスメイク数はリーグ15位の56回。

 それでも、今節の1点でリーグ6位の11得点を挙げている背景には、この枠内シュート率の高さがあるだろう。さらにセットプレーからの得点でもリーグトップの6得点を記録。このセビージャ戦でも開始わずか7分にFKのクロスからFWボルハ・バストンがヘディングで自身今季5点目となる先制点を決めている。

乾は“違い”を生み出せる存在となるか

 このように技術はなくとも、気持ちで勝負しているチームの中で乾貴士は異なるクオリティを示しているといえるだろう。

 この日、左ウイングとして4試合連続先発を果たした乾は、90分フル出場でチームトップのパス成功率82%を記録。3回の1対1を仕掛けて3本のクロスを上げるなど、攻撃面で奮闘した。このエイバルにおいて、乾はよりラテン系の選手に近い存在となっている。

 しかし、先発も4試合となれば対戦相手も乾について理解し始めるだろう。セビージャは、これまでの相手以上に乾に対して厳しいプレスを仕掛けて自由を奪っていた。

 バルサやマドリーの前線はもちろん、アトレティコもセルタもビジャレアルも強力な前線を擁するスペイン。2クラブが図抜け過ぎているため“2強リーグ”と揶揄されるが、セビージャがELを制しているように実際のリーグレベルはイングランドよりもドイツよりも高いといっても過言ではない。

 そして、強力なアタッカーは優秀なディフェンダーを育てる。それだけに、乾は今後より厳しい守備の壁に阻まれることになるだろう。

 ただ、明らかに守備ができない選手ながら4試合連続で先発に据えられていることからもこのチームにおいて乾に求められていることは守備での貢献ではなく“違い”を生み出すことのはず。

 大久保嘉人や中村俊輔でさえもクリアできなかったスペインの壁を乾が超えることはできるのか。次の舞台はバルセロナのホーム、カンプ・ノウだ。

text by 海老沢純一