先制点のマルセロ「ベルナベウで名前が呼ばれるのはこの上ない喜び」

写真拡大

▽レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが、レバンテ戦を振り返ってファンのリアクションに喜びを示した。クラブ公式サイトが伝えている。

▽17日に行われたリーガエスパニョーラ第8節で、マドリーはレバンテをホームに迎えた。28分にマルセロのゴールで先制したマドリーは、その後2ゴールを重ねて3-0と完勝している。

▽試合後、マルセロは自身のゴールよりもチームの勝利が重要だと主張。一方で、ファンからの声援に対しては満足感を示した。

「ゴールには満足しているよ。でも何よりもチームの勝利が重要なんだ。今はケガ人が多く、難しい状況だからなおさらだね」

「ファンの声援には満足している。僕は常にサポーターを楽しませるために、喜びや志を持ってプレーしているんだ。スタンドから自分の名前を呼ばれるのを聞くのは、この上ない喜びだ。そういった祝福は僕たちを幸せにしてくれる」

「今日も難しい試合だったけれど、これからもこういう試合が続く。それでも勝ち続けていきたいね」